アポ電強盗の舞台裏 ★コンビニ強盗同様の愚かな犯行

アポ電強盗の舞台裏 ★コンビニ強盗同様の愚かな犯行
(提供:週刊実話)

 「オレオレ詐欺で最もリスキーな役割は、言うまでもなく受け子。詐欺グループ摘発のきっかけとなる大半は金の受け渡しの瞬間ですし、受け子にはある程度の演技力も必要となる。最近は“だまされるふり作戦”で犯人逮捕の一翼を担う高齢者も増えており、リスクは高まる一方です。その点、アポ電であらかじめ用意させた金を奪いに行けば、その危険性は回避できますからね。狙いとしては分からないでもありません」

 含みのある言葉でそう語るのは、関東系半グレ幹部のX氏。

 東京都渋谷区で高齢者夫婦が縛られた末に400万円を奪われ、江東区では住人が殺害される事件まで起こったことで、にわかに「アポ電強盗」の悪名が轟いた。だが、逮捕された容疑者グループの手口は、あまりにもだったとX氏は指摘する。

 「そもそもアポ電をやるならターゲットに金を用意させた後、もう1本だけ嘘の電話をかけるなどして家を留守にさせ、空き巣を狙わないと意味がない。金の受け渡しのときのリスク回避のためにアポ電しておきながら、それよりもはるかにリスクの高い“緊縛強盗”をするなど本末転倒です。おまけに殺害まで犯してしまうと、100%逮捕は免れないし、(服役)何十年コース確定ですよ」

 ただ、あえて容疑者グループがそうせざるを得なかった理由として、ターゲット宅に金庫がある可能性が高いと、読んだのではないかと同氏は考察する。

 「ターゲットと電話した際に、相手の口ぶりなどから『それなりに裕福な世帯だな』といった感触があったのでしょう。ということは家に金庫がある可能性が高く、金を用意させて空き巣に入ったとしても、簡単に運び出すことはできない。それならば『縛り上げて金庫の番号や金の隠し場所を吐かせたほうが早い』と、短絡的な犯行に走ってしまったのです」

 とはいえ、普通に考えて高齢者であれば数百万円程度の預金があるのは珍しくもなく、強盗をして捕まった際の量刑に見合う額でもない。

 いずれにしても「コンビニ強盗同様の愚かな犯行」だと同氏は吐き捨てる。

 「裏社会では十数年前からタタキ(強盗)が流行していて、ヤクザ、闇カジノ、詐欺業者あたりは常に奪ったり奪われたりを繰り広げています。そういう意味では、脱税金を貯め込んでいるキャバクラやホスト経営者も同様に狙われてましたが、いずれにせよこれらは“表に出せない金”だから、縛り上げて奪っても問題ないわけです。その手口だけを真似て、一般人を的にするなど愚の骨頂。容疑者グループは、刑務所の中でも馬鹿にされて過ごすでしょうね」

あわせて読みたい

気になるキーワード

週刊実話の記事をもっと見る 2019年8月13日の社会記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら