年金75歳時代 400円で年金受給を増やせる裏技があった!(3)

年金75歳時代 400円で年金受給を増やせる裏技があった!(3)
(提供:週刊実話)

「死ぬまで働け」が現実味
 厚労省のシナリオは甘すぎるといってもいいだろう。少子高齢化がこれからどんどん進む中で、「100年安心」とは言い難い年金は、自分たちで何とかするしかないのが実情だ。

 厚労省は、基礎年金厚生年金の加入期間を延ばすことを検討している。基礎年金の加入期間を現在の60歳から65歳に5年間延長した場合、給付水準が6%程度増える。厚生年金の加入期間も70歳から75歳に伸ばすと微増となる。

 もう一つは、受給開始年齢を遅らせること。現在の受給開始年齢は65歳が基本で、60~70歳の間で選択できる仕組みだ。60~64歳まで繰り上げ受給すると受給額は最大3割減額されてしまうが、66~70歳に繰り下げると最大42%の増額となる。

 さらに、75歳まで受給開始年齢を繰り下げることも検討されており、実現した場合は65歳と比べて約1.7倍で、ほぼ現役並みの水準を維持できるが、75歳まで健康で仕事があるという保証はどこにもない。

 実は、月400円で虎の子の年金を自分で増やす“裏技”もある。国民年金の加入者にとって、意外に知られていないのが、「付加年金」という制度だ。

 「国民年金の保険料に、毎月たった400円を上乗せして支払うことで、『200円×支払った月数』を毎年上乗せ受給できるというものです」(前出・ファイナンシャルプランナー)

 例えば、5年間(60カ月)上乗せして払った場合、支出額の合計は400円×60カ月=2万4000円となる。一方、受給額の上乗せ分は、年に200円×60カ月=1万2000円。つまり「2年以上支払うと元が取れます」(同)という仕組みだ。

 年金を受給する際に、この額が毎年上乗せしてもらえるので、5年間なら6万円となり、差し引き3万6千円のプラス、10年もらい続ければ、12万円となり、差し引き9万6000円のプラスとなる。

 もちろん、上乗せして払う期間が長くなればなるほど、上乗せ受給額も増えて、よりお得になる。対象となっている人は、ぜひとも検討したいところだ。

 悠々自適な老後はもう来ない。「死ぬまで働け」が現実味を帯びてくる。

あわせて読みたい

気になるキーワード

週刊実話の記事をもっと見る 2019年9月13日の社会記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら