美女ざんまい「実話劇場」 芳本美代子インタビュー

美女ざんまい「実話劇場」 芳本美代子インタビュー
(提供:週刊実話)
       

 “みっちょん”の呼び名で親しまれた、80年代アイドルの芳本美代子。同期デビューには中山美穂南野陽子浅香唯など、錚々たる顔ぶれが並ぶ。そんなみっちょんも今年で50歳。芸能生活は35周年を迎えている。10月には記念公演も控えており、ますます多忙だ!

――八重歯がキュートだったみっちょんが50歳とは…感慨深いです。昨年は久しぶりに歌番組(テレビ朝日系『スマートフォンデュ』)にも出てましたね。
芳本 そうなんです。歌番組は28年ぶり! デビュー曲なんて30年くらい歌ってなかったから、すごく緊張しちゃって…。

――そういうものですか?
芳本 当時は3カ月ごとにシングルが出て、全部で19曲出したのかな。2~3年もすると歌わなくなるんですよ。それでも、デビュー曲で日本レコード大賞新人賞をいただいた『雨のハイスクール』は歌う機会があった方かもしれないですね。

――この10月には35周年の記念公演(『秋声のリフレイン』作・演出カジワラタクト。10月16日~20日、コフレリオ新宿シアター)もあるとか。どんな舞台になりそうですか?
芳本 私、お芝居が好きで、舞台には年に1~2本のペースで出ているんです。今回の公演は、主人公の男子大学生がある日、実家に帰ったら、そこには知らない女性が住んでいて…というお話です。私はその女性役。ミステリアスな設定だけど、ファミリー向けの心温まる内容ですよ。

――出演者の顔ぶれは?
芳本 実は2年前、30年以上在籍した事務所から独立したんです。新しい事務所は役者さんが多く所属していて、作家さん(本公演のカジワラタクト氏)もいます。アイドルの大先輩・渋谷哲平さんもいるんですよ。みんな30歳以上なんですが、その事務所のお披露目と、私のデビュー35周年を合わせてやっちゃおうという感じですね。大学生役の20代の男性キャストはゲストで来てもらっています。

――芳本さんが舞台好きとは知りませんでした。お芝居の魅力って何でしょう?
芳本 お客さんを目の前にして表現する楽しさと、ライブ感ですね。同じものをやっても日によって反響が違ったり、面白さが毎日違うところが勉強になります。

――セリフ覚えはいい方なんですか?
芳本 悪いです(笑)。忘れもしない、初舞台から2本目でシェークスピアをやらせていただいて、そのセリフが形容詞がとても多かったんです。流れで覚えず単語で覚えていたから、忘れるとその後も全部飛んでしまうんですね。以来、頭で覚えて口で覚え、さらには体(動きとか間合い)で覚える…というやり方に変えました。セリフが飛んだ時の恐怖は、今も思い出してしまいます。

清純イメージへの反発も…


 彼女は85年組と呼ばれ、アイドル大豊作の時代にデビューした。冒頭に紹介した他にも本田美奈子斉藤由貴、大西結花、森川美穂志村香などなど、女性の活躍が目立つ年代だった。

――当時、特に仲が良かったのは誰ですか?
芳本 東京に出てきて初めてお友だちになったのは佐野量子ちゃん。学校(明治大学付属中野高校定時制)も一緒で、マネジャーさん同士も仲が良かったですね。あとは松本典子ちゃん、井森美幸ちゃん、森口博子ちゃん。学校では後輩になるんですけど、浅香唯ちゃんも仲良しでした。

――一緒にご飯を食べたり、どこかに出かけたり?
芳本 忙しくて、そんな時間は全くなかったです。現場から現場へ飛び歩くので、そこで会った時に仲良くして…という感じかな。

――芳本さんは可愛らしかったからモテたでしょう?
芳本 それがぜ~んぜん。よく、昔を振り返る番組で「ステージのソデで電話番号を渡された」って聞くじゃないですか。私、1度もないんです。「えっ!? いつ? いつ?」って感じですもん。事務所のガードもあったんでしょうけど…。

――彼氏が欲しいと思ったことは?
芳本 それはありましたけど、田舎から出てきた時の「頑張らなくちゃ」という気持ちの方が強かったから。もし電話番号をもらっても、「なにこれ?」となっていたかもしれないですね(笑)。

――グラビア誌での“ヌード寸前写真”も話題になりました。「あのみっちょんが、まさか!?」というインパクトが凄かった。
芳本 脱いではいないんですけどね。手ブラまでは余裕でしてました。

――どういう気分でした?
芳本 実は私、後半の方の写真集は自分の意見を結構、言ってるんです。雑誌の切り抜きを持って行き、「こういう写真が撮りたい」と提案したり。全身、泥んこのワイルドな感じで、前開きシャツの胸元をチラ見せ…とか。いろいろ楽しんでやってましたよ。

――自分で自分をプロデュースしていた?
芳本 そうですね。どうせ脱がないんなら、ギリギリどこまで表現できるかをカメラマンや編集者の方と話し合ったりして。「どう? これ見えてる?」と女性のヘアメイクさんと相談しながらポーズを決めたり。“私にはこういう一面もあるんだ”というのを見せたかったんです。事務所が描く、清純なイメージへの反発というか…。

――それは意外です。
芳本 ちょっと不良っぽく見えた穴の空いたジーンズを穿いたり、勝手にパーマをかけて叱られたこともありました。当時は自分のことを「体育会系」と称してましたからね。焼肉が大好きで、成人してからは酒豪も加わりました。
 私生活では1996年に俳優の金山一彦結婚。2001年に女児を出産するも’13年に離婚。’16年7月に一般男性と再婚している。

――娘さんは18歳ですね。進路は?
芳本 今、浪人生なんです。数学が大好きで、現役の時は理系を受けて失敗したので、来年は文系で受験し直すと言ってます。

――芸能活動への関心は?
芳本 本人からは言ってきませんが、歌はすごく好きで、お芝居を見るのも好きです。今回の公演も、制作スタッフとしてネットやSNSでの宣伝活動を手伝ってくれてるんですよ。

――もしもやりたいと言ってきたら?
芳本 二世タレントさん、多いですからねぇ。でも、本人が本気でやり始めない限り、こちらから背中を押すことはないと思います。それに、もしもやるとなったら、私のアドバイスはものすごく手厳しいですよ。なにしろ、体育会系ですから(笑)。

********************************************
◆よしもと・みよこ=1969年3月18日、山口県宇部市生まれ。中学3年次にスカウトされ上京。1985年『白いバスケット・シューズ』でアイドル歌手デビューを果たす。

あわせて読みたい

中山美穂のプロフィールを見る
週刊実話の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「中山美穂」に関する記事

「中山美穂」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「中山美穂」の記事

次に読みたい「中山美穂」の記事をもっと見る

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年9月17日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 中山美穂 Instagram
  2. 中山美穂 ドラマ
  3. 中山美穂 映画

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。