釣れた魚と旨い酒!日本全国釣り行脚 北海道・釧路港産エゾメバル

釣れた魚と旨い酒!日本全国釣り行脚 北海道・釧路港産エゾメバル
(提供:週刊実話)

 ついこの間まで「猛暑」「酷暑」と、ニュースでも取り上げられるほどだったものが、気がつけば朝晩はめっきり涼やかで、早くも秋の気配を感じるようになってまいりました。季節の移ろいって早いですね。

 特に、北日本などでは秋の期間がアッという間と言いますか、「涼しさ」は早々に「寒さ」へと姿を変えます。
「普段着で海釣りが楽しめるうちに、北海道へ行っておきたい!」

 ということで、道東は釧路へと向かいました。

 9月の道東エリアともなれば、朝晩の気温が10℃以下まで下がることも珍しくありませんが、まだギリギリ「涼しい」程度。四十路のオッサンにとって「寒い」のは厳しいですからねぇ~。

 さて、釧路といえば言わずと知れた道東エリアの中核都市ですが、市街地から近い港や河口から気軽に竿を出しても釣果が期待できます。簡単に言うと「街中でも魚影が濃い」ということですね。

 まずはエサを買おうと、釧路駅前の釣具店に立ち寄ると、店内には北海道ならではの仕掛けがズラリ。中でも当地で人気のカレイ類やカジカ、ソイといった魚種向けの仕掛けは種類も数も実に豊富。他にもシシャモやキュウリウオ用の仕掛け、コマイ用といったご当地仕掛けもそこかしこに並んでおり、ついつい散財してしまいます。

 これは「釣り人あるある」なのですが、地方遠征に出かけた際は地元の釣具店を見て回って、ついつい買い込んでしまうのです。その土地ごとに釣れる魚、釣り場環境は変わりますから、仕掛けを見比べるだけでもかなり楽しめます。

 また、こういう地方色の強い仕掛けは、別の地域や魚を狙うのに適していることも多々あり、「コイツはアソコのアノ魚に使えそうじゃん」などと妄想が進んで、気がつくと散財…ということが珍しくありません。

 でも、いいんです。これも釣りの楽しみ方なのですから。

昆布の周りで熱い駆け引き!


 ひとしきり釣具店で買い物を楽しんでいると、あたりが暗くなってきました。

「そろそろ頃合!」と市内の中心部に位置する幣舞橋を渡り、南新埠頭へと向かいます。車の窓を開けて涼しい秋の夜風を浴びながら、ほどなく堤防に到着すると、釣り人の姿はありません。

 2本バリ仕掛けにエサを付け、まずは足下の堤壁際へ落とし込み…、アレ、仕掛けが落ちないぞ…。海中を照らしてみると、堤壁には昆布が繁茂しておりました。さすがは昆布の産地としても知られる道東、港湾部の堤防にも生えるんですな。

 ということは…、この昆布の陰には魚がいるはず! 昆布の上に仕掛けがのってしまわないよう、隙間を狙って落とし込みます。

 上手いこと着底したオモリをゆっくりと誘い上げたら、再び静かにオモリを底に着け、さらに仕掛けをたるませてみます。すると、「クンッ!」という反応に続いて「ゴツゴツッ!」、さらに糸を送り込むと「ギュギュンッ!」と竿先が絞り込まれました!

 このハリ掛かりに至るまでの駆け引きが、探り釣りの醍醐味なんですな

 元気な引きを楽しませてくれたのは、20センチを超えるエゾメバルでした。

 ガヤガヤと群れていることから、北海道では“ガヤ”と呼ばれるこの魚。状況がよいと入れ食いも普通にあるのですが、この日はイマイチ。と言っても、丁寧に探ってやれば飽きない程度に掛かります。

 この釣果でも「イマイチ」と感じてしまうのが北海道のよさでもあり、中毒性の高さでもあります。都内近郊では、こんなに釣れませんからねぇ~。

 しばしの間、型のよいエゾメバルとの駆け引きと元気な手応えを楽しみ、秋の夜はふけていくのでありました。

地酒と煮付け当然の好相性


 その名の通り、メバルの仲間に属する魚ゆえ、食味には定評のあるエゾメバル。北海道や北東北ではメジャーな部類に入る魚ですが、それ以外の地域では認知度・市場価値ともにそれほど高くありません。

 まぁ、もともとメバルという魚はおらず、市場で「メバル」と総称されている魚は、ウスメバルやクロメバルなわけですから、コイツも「メバル」で提供すれば需要が高まりそうですけどねぇ…。

 そんなエゾメバルを、根魚の定番料理ともいえる煮付けにしていただきます。

 甘味がしっかりと感じられる身離れのよい白身はクロメバル、ウスメバルとも遜色なく美味。むしろ大都市の港湾で釣れたクロメバルと比べて、気になるニオイなどもありません。

「霧の街」と呼ばれる釧路を代表する地酒『海霧』のスッキリ&淡麗な飲み口との相性も抜群。お手頃価格の優良酒をチビチビやりつつ、市街地の港湾で気軽に釣った魚の煮付けを楽しみ、心地よい晩酌でありました。

***************************************
三橋雅彦(みつはしまさひこ)子供の頃から釣り好きで“釣り一筋”の青春時代をすごす。当然の如く魚関係の仕事に就き、海釣り専門誌の常連筆者も務めたほどの釣りisマイライフな人。好色。

あわせて読みたい

週刊実話の記事をもっと見る 2019年10月5日の芸能総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。