地獄耳 女子アナ21名淫らな性癖と性生活(3)

地獄耳 女子アナ21名淫らな性癖と性生活(3)
(提供:週刊実話)

 カトパン&みな実のキス自慢

 テレビ東京の角谷暁子アナ(25)には、こんな噂が浮上して以来、男性視聴者からいやらしい視線を注がれるようになっている。
「『Newsモーニングサテライト』のサブキャスターを務める彼女。昨年の生放送中に、突如として立ったままブルルッと体を震わせ、下半身をクネクネと動かしたんです。その艶かしい動きと、どこか恥ずかしそうな彼女の表情から、ネット上では“とびっこ”でも入れられているのかと話題になったんです」(前出・女子アナウオッチャー)

 “とびっこ”とは、AVの野外プレイなどでおなじみの遠隔ローター。アソコに仕込んで、離れたところから男がスイッチを入れると振動を始め、その快感に身をよじらせてしまう様子を見て楽しむというアダルトグッズだ。
「彼氏やご主人様のスマホ遠隔操作だった可能性もあるでしょう」(同)

 さらなる活躍を、と会社を飛び出した上昇志向溢れるフリーアナたちの性癖も、それはそれはいやらしい。

 元フジの加藤綾子(34)はキスの上級者であることを自ら明かしたことがある。
「かつて『ホンマでっか!?TV』で“女性は10秒以上のキスで情欲的になる”という学説に対し、『(長いキスは)全然、大丈夫です。キスの途中で話しますよ。“今夜は何が食べたい?”とか』と明かしたんです」(前出・テレビ雑誌記者)

 「キスなら負けない!」と言いたそうなのは、元TBS田中みな実(32)。8月24日放送の『田中みな実 あったかタイム』(TBSラジオ)でこんなことを言っていた。
「“氷の口移しとか、さくらんぼの口移しとか。今やらせてもらっているドラマでそういうシーンがあって、『これ全部やったことあるな~』と思って見てました”と、豊富なキス経験を告白していたんです」(同)

 元テレビ東京の大橋未歩(41)も明けすけ度合いが加速中だ。
「フリーになってタガが外れたようで、『(下着は)相手が好きだというものを身につけていたい』『好きな人にお前って言われるのが、所有されてる感じがしてタマラなかった』など、出演番組でドM発言を連発しています」(前出・芸能記者)

 他にも、5股交際過去を告白した女子アスリートに、「羨ましい!」と叫んだ新井恵理那(29)も注目。
岡副麻希(27)は、“結婚してくれるなら浮気されてもいいや”という考えの持ち主。川田裕美(36)は、“不倫は許せないけど、風俗は外に連れ出さなければOK”という、本人以外は理解が難しい恋愛観を持っているといいます。他の女を抱いている男に抱かれて感じる、倒錯した性癖の持ち主かもしれません」(同)

 もう、エロいヤツやつばっかりやないか!

当時の記事を読む

週刊実話の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年10月3日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。