杉咲花“朝ドラヒロイン”抜擢に冷めた声…「2世タレントの特権かな?」

杉咲花“朝ドラヒロイン”抜擢に冷めた声…「2世タレントの特権かな?」
(提供:週刊実話)

 2020年後期のNHK連続テレビ小説『おちょやん』のヒロインに、女優の杉咲花の起用が発表された。番組は来年秋にスタートする。

 『おちょやん』は、“大阪のお母さん”として親しまれてきた女優・浪花千栄子をモデルにしたドラマで、杉咲は松竹家庭劇の喜劇女優・竹井千代を演じる。

 ネット上では、
花ちゃんかわいい!放送が楽しみです》
《ほんわかキャラだし、朝ドラには合っていると思う》
とと姉ちゃん以来の朝ドラだね。当時から注目してたよ》
《いつかヒロインになると思ってた。期待してます》
 など、ファンの間に歓喜の声が広がっている。

 一方で、ドラマの内容や選ばれた経緯などからか、杉咲の抜擢には疑問の声も多数上がっている。
《東京出身なのに、関西弁大丈夫なのか?》
《え、NHKは新人を使うのやめたのか》
《一度朝ドラ出た人が次にヒロインになるパターン多くね? 何だかなー》
《2世タレントの特権ですね。いいかげんにしてほしいです》
《もはやオーデションよりもコネの世界なんだろうなぁ》
 など、なかなかの厳しい指摘だ。

 「かつて朝ドラは“新人女優の登竜門”といわれていました。しかし、最近では、昨年後期『まんぷく』の安藤サクラ、今年前期『なつぞら』の広瀬すず、現在放送中の『スカーレット』の戸田恵梨香など、すでに実績のある女優ばかりが起用されています。視聴率や作品のクオリティーを考慮すると、どうしても人気女優に頼ってしまうのです。また、撮影も長期にわたるため、新人には荷が重いのも事実です。過去には『純と愛』のヒロインを努めた夏菜が、脚本家の遊川和彦氏に怒鳴られるなど厳しい演技指導を受け、泣きながらトイレに立てこもる事件がありました。撮影現場で揉めることは珍しくありませんが、実績のある女優であれば対処の仕方も慣れています。局側も無駄なトラブルを避ける傾向が強くなっているのです」(ドラマ関係者)

 杉咲は、父親が『レベッカ』や『レッド・ウォーリアーズ』のギター担当の木暮武彦、母親は歌手のチエ・カジウラという音楽一家の2世タレント。ドラマファンの間では「将来、NHK白の司会に起用され、両親が応援に来るまでが想定内」と大胆予想する声も上がっている。

 「新人女優がドラマ終盤になって演技がうまくなってくるのを見るのが楽しみ」というファンもいるだけに、最近の有名女優を起用する傾向には否定的な意見もあるが、ヒロインに選ばれた以上、杉咲には大いに朝ドラファンを沸かせてほしいものだ。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 杉咲花 CM
  2. 杉咲花 Instagram
  3. 杉咲花 ドラマ
杉咲花のプロフィールを見る
週刊実話の記事をもっと見る 2019年10月31日の芸能総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

「杉咲花 + CM」のおすすめ記事

「杉咲花 + CM」のおすすめ記事をもっと見る

「杉咲花 + ラジオ」のおすすめ記事

「杉咲花 + ラジオ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「高畑充希」のニュース

次に読みたい関連記事「高畑充希」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。