お笑い芸人が続々所属する芸能事務所『ライジング・アップ』の人気理由

 遅まきながら、5月にお笑い界に参入した大手芸能プロダクション『ライジングプロ・ホールディングス』傘下の芸能事務所『ライジング・アップ』に、タレントが続々所属。テレビ界から「誰か大化けするのではないか」と注目されている。

 「ライジングプロは安室奈美恵をはじめ、沖縄アクターズスクールのアーティストを次々に輩出して急成長した。プロモーションには定評がありますからね。大手プロを何らかの事情で辞めた芸人やフリーで活動していた人間を蘇生させるのではと期待されています」(お笑い番組プロデューサー)

 所属第1号は、『オフィス北野』を退社したお笑いコンビ『マッハスピード豪速球』。師匠ビートたけしに所属を報告した際、「応援する」と言われたという。

 「実は、たけしとライジングプロの平哲夫社長は浅からぬ縁があるんです」(中堅プロマネジャー)

 1988年2月に『オフィス北野』を設立したたけし。自身は経営にタッチせず、所属タレントの1人として活動した。

 「設立時の代表取締役には大手制作会社『東通』の舘幸雄社長が就任。役員にライジングプロの平社長が名を連ねたんです。その後、東通が倒産したため、舘氏と平氏は辞任した」(当時を知る女性誌記者)

 97年に公開された北野武監督映画『HANA−BI』で長女・北野井子が芸能界デビュー。翌年6月に『X JAPAN』のYOSHIKIプロデュース&楽曲提供で『Begin』をリリースした。

 「北野井子が所属したのは、ライジングプロだった」(お笑い番組関係者)

 ライジング・アップには、ホリプロ系事務所をクビになった漫才コンビ『真夜中クラシック』やピン芸人『トンペー』、フリーで活動していた『4000年に一度咲く金指』らがいる。

 「最近では、5月にバラエティー部門を廃止した『オスカープロモーション』から『イタリアン』が加わった。メンバーの1人は“のびのびやれる”とブレークに意欲を燃やしていますよ」(お笑いタレント)

 お笑いの日は昇るか。

あわせて読みたい

週刊実話の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「キンタロー。」のニュース

次に読みたい関連記事「キンタロー。」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「お笑いコンビ」のニュース

次に読みたい関連記事「お笑いコンビ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「カンニング竹山」のニュース

次に読みたい関連記事「カンニング竹山」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月26日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。