梅宮辰夫 誰からも愛された昭和の銀幕スター「男気人生」

梅宮辰夫 誰からも愛された昭和の銀幕スター「男気人生」
(提供:週刊実話)

 昭和の銀幕スターで、近年はドラマやバラエティー番組などで活躍していた梅宮辰夫さんが慢性腎不全で12月12日、神奈川県内の病院で死去。81歳だった。

「アクション映画や任侠映画で一世を風靡した梅宮さんはその昔、“夜の銀座の帝王”と呼ばれたこともありましたが、1972年に長女のアンナが生まれてから夜の遊びは控え溺愛した。アンナパパとしてもワイドショーを賑わせたのは周知の通り。強面の世界でも顔が広く、誰からも愛され最後まで俳優人生を全うしましたよ」(東映映画関係者)

 梅宮さんは日本大学法学部在学中に銀座でスカウトされ、1958年、東映ニューフェイス5期生に合格。翌年、映画『少年探偵団』シリーズで主演デビューを飾った。その後、アクション映画や任侠映画で硬派な役柄を演じたが、’70年から始まった“帝王シリーズ”でプレイボーイ役にも挑戦し注目された。

「私生活でもモテましたよ。夜の銀座では、プレイボーイぶりをいかんなく発揮していた。銀座の超有名クラブ『』のナンバーワンホステスだった大門節子さんと結婚したんですが、すぐに離婚。そして、当時、遊び人と結婚して夫婦仲が悪くなっていたモデルのクラウディアさんと出会ったんです」(古参の銀座クラブ関係者)

 クラウディアさんの事情を知った梅宮さんは、相手の男性と直接会い、多額の手切れ金を渡したうえで、別れさせたという。’72年にクラウディアさんと再婚、同年、アンナが誕生した。

 ’73年からは映画『仁義なき戦い』シリーズにも出演したが、’74年に睾丸がんを発症。がん細胞は左の肺に転移し、一時は「助からない」とまでされたが、奇跡的に治癒した。

「がんが発症したのは進行が早い30代半ばです。梅宮さんは助けてくれたドクターを『命の恩人』と呼び、“これからは夜遊びをやめてアンナのために生きる”とドクターに約束したんです」(医療関係者)

 そのアンナと“誠意大将軍”といわれたタレントの羽賀研二の熱愛が発覚したのは’94年頃。当然、父親の梅宮さんは交際に大反対したが、ワイドショーの格好のネタになって、アンナと羽賀の熱愛騒動は世間の注目を浴びた。
「アンナは後に羽賀とは“バラエティー番組で知り合って交際に発展した”と話していますが、真相は違いますよ」
 と語るのは芸能関係者。

「実は、梅宮さんは『仁義なき戦い』『昭和残侠伝』など数多くの任侠映画に出演した縁で、関西の超大物親分と昵懇の仲になった。その関係で知り合ったのが羽賀のスポンサーだった大阪の不動産会社のS氏だった。S氏が主催したハワイ・ホノルルのゴルフコンペで、アンナと羽賀は親しくなったんです」(同)

 羽賀のタニマチだったS氏は住宅金融専門会社から巨額の融資を受け、その後、強制執行妨害罪で起訴され実刑判決を受けている。

「梅宮さんはS氏を通じ、羽賀に莫大な借金があることを知っていましたから、交際に大反対したんです」(元女性誌記者)

 交際発覚から1年後の’95年には、アンナと羽賀のヘアヌードならぬ、ペアヌード写真集『アンナ 愛の日記』が出版された。同写真集は多額の借金を抱えていた羽賀のため、アンナが一肌脱いだとされ、“平成のバカップル”としてさらに報道が過熱したものだ。

 一方、娘を案じる梅宮さんのサイドビジネス『梅宮辰夫漬物本舗』の“辰ちゃん漬け”やコロッケはバカ売れした。

「スキャンダルがサイドビジネスの宣伝につながったわけですからね。梅宮さんとしては痛し痒し。ある日、羽賀が地方ロケで留守にするので2人が同棲する家で飼う犬の面倒を梅宮さんはアンナから頼まれた。犬小屋を掃除し、2人が寝るベッドのメーキングまで済ませて帰った。すると、泊まりの地方ロケだったはずの羽賀が、そのベッドで他の女性と情事の真っ最中…。アンナと鉢合ってしまった。羽賀の裏切り行為にアンナは激怒。梅宮さんに“別れる”と言ったはずなんでしが…」(梅宮さんと親しかったマスコミ関係者)

 俗に言う男と女の関係は分からないもの。翌日、アンナは羽賀と寄りを戻してしまったという。しかし、羽賀の借金と嘘が膨らんだことから2人の関係はついに自然消滅した。

「羽賀と別れたアンナは’01年に一般男性と“できちゃった婚”するんです。翌年には、初孫ができ梅宮さんも大喜びしたんですが、相手は裏カジノの案内人で正業を持っていなかった。梅宮さんは知り合いの会社に入れて、サラリーマンとして働かせるんですが、長続きしない。2年でスピード離婚したんです」(ワイドショー関係者)

 元夫の男性は’04年に賭博開帳図利容疑で逮捕されている。

「梅宮さんは男運がないアンナに翻弄されて生きてきたんですが、晩年はアンナに男性スキャンダルもなく、充実した人生を送っていた」(知人の芸能関係者)

 ちなみに、本誌では’04年から2年間『梅宮辰夫の現代ニッポン三枚おろし』を連載、痛快に歯切れよく世相を斬って頂いた。

 高倉健菅原文太松方弘樹…かつて仲間だった銀幕スターたちが次々と他界したが、最後まで梅宮さんは昭和の俳優にこだわり続けた。

 梅宮さんの俳優魂に改めて合掌!

あわせて読みたい

梅宮辰夫のプロフィールを見る
週刊実話の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「梅宮辰夫 + 怪我」のおすすめ記事

「梅宮辰夫 + 怪我」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「小泉今日子」のニュース

次に読みたい関連記事「小泉今日子」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「雛形あきこ」のニュース

次に読みたい関連記事「雛形あきこ」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月30日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 梅宮辰夫 怪我

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。