梅宮辰夫が誰よりも愛した『ロバート』秋山の体モノマネ芸

梅宮辰夫が誰よりも愛した『ロバート』秋山の体モノマネ芸
(提供:週刊実話)

 12月12日、俳優の梅宮辰夫が慢性腎不全のため亡くなった。享年81。主演映画『不良番長シリーズ』が大ヒットし、『仁義なき戦い』などで強烈な個性を発揮。ドラマも『前略おふくろ様』(日本テレビ系)、『スクール☆ウォーズ』(TBS系)を中心に、多くの作品に出演。名優として活躍する傍ら、お笑いファンの間でも一目置かれる存在だったという。

「伝説となっているのが『ダウンタウンガキの使いやあらへんで!』(日テレ系)では心肺停止状態という設定の妻・クラウディアさんを嘆いたり、私服紹介のコーナーにあり得ない奇抜な格好で出演するなど、お笑い芸人顔負けの演技をたくさん披露しているんです。もう後にも先にも、あんな俳優は出て来ませんよ」(放送作家)

 当然、芸人の間でも梅宮人気は群を抜いていた。中でも人一倍、落ち込んでいるのが、“体モノマネ”で脚光を浴びた『ロバート』の秋山竜次(41)という。

「上半身裸となり、その体型に見合う人のお面をあてがうオリジナルネタを持つ秋山が定番としていたのが梅宮さんだった。イベントでも共演し、梅宮さんからモノマネの許可までもらっているんです。上半身裸になる際、日焼けした恰幅のよい体が特徴となりますが、これらもすべて梅宮さんのアドバイスだったそうです」(芸能関係者)

 そんな秋山は梅宮に対する敬意を払うため、仮面芸の梅宮ネタを一時、封印することまで考えていたという。ところが…。

「あの梅宮さんから『俺があの世に行っても、この芸を続けてほしい』という遺言があったそうなんです。それでも、裸で梅宮さんのモノマネをすることには正直、真剣に悩んでいます。ただ、この仮面芸の営業だけで1日あたり100万円以上は稼げるんです。彼にとっては、判断が難しいところでしょう」(同)

 合掌――。

あわせて読みたい

梅宮辰夫のプロフィールを見る
週刊実話の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「梅宮辰夫 + 怪我」のおすすめ記事

「梅宮辰夫 + 怪我」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「反町隆史」のニュース

次に読みたい関連記事「反町隆史」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「内山信二」のニュース

次に読みたい関連記事「内山信二」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月25日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 梅宮辰夫 怪我

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。