フリーアナの皆藤愛子「フラれたことない」高飛車発言の真意とは…

フリーアナの皆藤愛子「フラれたことない」高飛車発言の真意とは…
拡大する(全1枚)
(提供:週刊実話)

 フリーアナの皆藤愛子が、去る1月14日に放送されたバラエティー番組『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)に出演した際、「フラれたことない」と発言。共演した藤田ニコルからも「泣いたとかないんだ!」と驚かれるなど、波紋を呼んだ。

「この発言は、ちょっと鼻につきましたね。というのも彼女、昨年のトーク番組で『この年になると相手が見つからなくて』『早く結婚したいですぅ~』などと言っていたからです。そのときもネット上では、『あんなかわいい娘を放っておくか!?』『彼女が結婚できないなら、世の中みんなできない』などと批判を浴びた。実際、彼女と結婚したい男などいくらでもいるでしょう」(女子アナライター)

 皆藤は、童顔で美微乳であることから“ロリ愛”と呼ばれ人気。これまで男性関係を写真誌に撮られたこともなく、長く“本処女アナ”として評判だった。しかし、2017年に、同じく『踊る――』に出演したとき、3回も結婚を申し込まれたことを告白。これまで信じられていた“処女説”が終了した。

「この告白をきっかけに、制作会社スタッフや芸能プロ関係者など、複数男性との交際説も浮上してきた。“嘘つき処女”などと揶揄されるようになったのです」(同・ライター)

 そんなところに、今回の「フラれたことない」発言。これは一体、何を意味しているのか?

「結局、自分は安くないというプライドの表れでしょう。早稲田大学在学中に学生キャスターとして登場。局アナ志望でフジテレビに出ていたのに、なれなかった。早稲田も留年して卒業しています。しかし、その後、フリーで常にレギュラーを持ち、第一線で活躍。それだけに、局アナに負けたくないという意地があるようです」(芸能記者)

 今回、彼女に強気発言をさせた背景には、“カトパン”こと加藤綾子の存在があるという。

「カトパンはEXILEグループのNAOTOと交際宣言をして、田中みな実に人気を取られてしまった。皆藤は局アナになれなかったが、カトパンのように価値を落としたくないと考えています。だから交際には慎重で、医師や野球選手など、ステータスの高い職業以外は興味がないことをアピールするために高飛車発言し、男選別をしているのでは」(同・記者)

 外野から何を言われようと“処女性”で売っていくことに問題があるわけでもない。ガンバってほしいものだ。

当時の記事を読む

週刊実話の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク