美女ざんまい「実話劇場」 神崎紗衣インタビュー

美女ざんまい「実話劇場」 神崎紗衣インタビュー
(提供:週刊実話)

 恵比寿マスカッツのメンバーであり、お笑いグループ『安田大サーカスクロちゃんとのゲスい(?)関係で話題の神崎紗衣。自ら肩書きを“NGなしのグラビアアイドル”と名乗るだけあって、下ネタ話も全開だ。本誌にも初出しエピソードてんこ盛りでお送りします――。

神崎 クロちゃんに「告白ドッキリ」を仕掛けたのがそもそもの発端なんですけど、いつの間にか本当に好きになっていたんです。

――恵比寿マスカッツの番組内の企画でしたね。
神崎 ドッキリの前からご飯に行ったりしていて、彼は私がリラックスできるようにと気遣いが本当に上手なんです。世間の人が言うような、イヤな人じゃないなと思っていました。「ちゃんさえ(紗衣のこと)一筋だよ」なんて言ってくれるし。まぁ、誰にも言ってたんでしょうけど(笑)。

――もともと、タイプではなかった?
神崎 むしろ真逆。ほっそりした塩顔が好みなんですから。でも、気付いたらクロちゃんといるのが生活の一部になっていて、ドッキリの後で会えなくなるのが苦しくなっていたんです。放送後にクロちゃんから「あれがドッキリだと知って、食事も喉を通らない」と言ってきて…。心配になり会ってしまいました。そしたら、「ヒドイじゃん」と言いながら焼肉をバクバク食べてたんです。らしいなぁ~と思ったけれど、その後もちょくちょく。そこをFRIDAYに撮られて「お持ち帰り疑惑」に発展してしまいました。

――クロちゃんとは何もなかった?
神崎 お持ち帰りはされてません。だってクロちゃん、核心のひと言は絶対に言わないんですよ。“好きだよ”は言うのに、“付き合って”は言わない。「最後に結ばれるのは、ちゃんさえだと思ってる」とか、「今は仕事を頑張りたいから、てっぺんに上り詰めるまで待ってて」みたいな。ホストかよって思いませんか(笑)?
 なにはともあれ、ドッキリ以降も仲良し状態は継続。時々、ご飯に連れて行ってもらい「焼肉のレベルが分かりやすく上がった」と笑う。クロちゃんの“焼け太り”を如実に表すエピソードだ。
神崎 実は昨春、クロちゃんとデュエット曲『だって恋だしん』を出したんです。リリースイベントやマスカッツのライブにも出てくれたりして、「ちゃんさえは、俺がいないと仕事できないね」なんて言うんですよ。でも、マスカッツには女性の名物マネジャーさんがいるんですけど、その方がクロちゃんの真似をしてステージに立ったら、格段に歓声が大きくて…。以降、クロちゃん抜きでデュエット曲を歌ってました(笑)。

スタジオのトイレでも…!?


――私生活ではどんな恋愛をしてきたの?
神崎 10代の終わりで「追いかける恋」はヤメにしました。

――大失恋をしたとか?
神崎 これ、初めて話すんですけど、当時、大阪で同棲していた彼がいたんです。私がすごい追いかけてゲットした彼だったのが、ある朝「財布を忘れた」って。年上で金払いもよくて、でも、ちょっと心配になるじゃないですか。財布の中をこっそり見たら、そこにあった保険証の住所が、2軒隣のマンションだったんです。1年半も一緒に住んでいたのに、他の女とも住んでいたんですよ! サイテーですよね。問い詰めたところ「元カノだよ」と言い訳してましたけど、許せなくて別れました。後日、その部屋をピンポンしたけど、誰も出なかったです。以来、追いかける恋はヤメにしました。

――神崎さんと言えばアイドルらしからぬ下ネタトークが売り。AbemaTVなどでも大活躍してますね。
神崎 はい、下ネタは大好きです♪ スピードワゴンさんの『月曜The NIGHT』や指原莉乃さんの『恋するサイテー男総選挙』など、バラエティー番組で披露させてもらってます。“テックス”の話とか。

――それは、どんな話?
神崎 異性を落とすワザを披露しろというお題の時に、ハンドクリームを出しすぎて、意中の彼に「出しすぎちゃったから」って塗ってあげるんです。手を入念に絡め合わせる。男の人はだいたい落ちますね。私はこれを「テックス」と呼んでいます。そして、テックスをした相手はみんな“テフレ”。あとはオナニーの話かな。

――好きなんだ?
神崎 そうですね。基本、毎日しています。ファンの人におねだりして、ソロ活動のお供になるグッズを買ってもらったり。最近は女性用グッズの「イロハ」を買ってもらいました。今、一番欲しいのはウーマナイザーというグッズです。

――ぐ、具体的だなぁ。なんで毎日オナニーを?
神崎 習慣ですかね。朝、なかなか起きられない時にしちゃったりするとスッキリして、「今日も1日頑張ろう」って切り替えられます。そこはエッチと別物で、もしも私に恋人がいてセックスをすごいしていても、オナニーは絶対に毎日するし、したくなっちゃうと思うんです。催しちゃって我慢できなくて、収録スタジオのトイレでしたこともあるんですよ。

――なにか性癖はある?
神崎 クロちゃんにSMドッキリした時のS役が楽しかったので、Sかも。とにかく肌と肌が密着しているのが好きなので、ずっと裸で抱き合っていたいですね。ストライクゾーンは広いですよ。性別とかも関係ないかもしれないです。そういう経験もあります。あ、これも初めて言いました!

――初告白、いただきました(笑)。最後に、グラビア活動の今後についても聞かせてください。
神崎 実は私、グラビアアイドルと言いながら、3年くらい撮影されてないんです。水着になることもほぼなくて…。でも、売り文句は『NGなしのグラビアアイドル』ですから、引退の時くらいは、すべての集大成としてヌード写真集を出して終わりたいという漠然とした目標はあります。つまり、裸を見せる覚悟はできてます。ちなみに、乳首がすごくキレイって言われます。色してます。自慢の乳首なんですよ♪

◆かんざきさえ 1992年6月17日生まれ。T160、B85・W58・H82。『恵比寿マスカッツ 真夜中の運動会』(火曜23時~AbemaTV)出演中。
●インスタグラムkanzaki_sae
●ツイッターkanzakisae

あわせて読みたい

神崎紗衣のプロフィールを見る
週刊実話の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「堺正章」のニュース

次に読みたい関連記事「堺正章」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月18日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 神崎紗衣 イベント
  2. 神崎紗衣 フライデー

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。