視聴率好調の陰で頭を悩ませる沢尻エリカNHK大河ドラマ降板の余波

視聴率好調の陰で頭を悩ませる沢尻エリカNHK大河ドラマ降板の余波
(提供:週刊実話)

 月曜朝の視聴率速報を受け、NHK局内には久々の大歓声が沸き起こったという。長谷川博己が主演を務める大河ドラマ麒麟がくる』が、初回視聴率19・1%には及ばなかったものの、第2回でも視聴率は17・9%、3話も16・1%を叩き出したのだ。

「視聴率15%以上をキープし、ようやく大河ドラマの面目が保てるということです。長の妻を演じる予定だった沢尻エリカ(33)に代わって川口春奈(25)を起用したため、初回放送が2週間遅れた。昨年の『いだてん』に続き、今回もコケるようだったら大河ドラマの打ち切り論が局内外から必ず浮上する。ドラマ関係者らは皆、結果を出せなかったら、それなりの処分を受ける覚悟でドラマに取り組んでいたんです」(制作会社プロデューサー)

 とはいえ、初回放送当初は高精細な4Kカメラで全編を撮影していたため、ツイッター上では様々な意見が飛び交った。

「『こんなに色鮮やかな大河ドラマは初めて』、『衣装がカラフルすぎる』、『目がチカチカする』などと、派手な色彩ばかりに話題が集中した。だが、勝てば官軍です。高視聴率を取ったため、誰も文句を言わない。久しぶりに安堵しました」(NHK幹部)

 もっとも、その一方で、ある厄介な問題が浮上しているという。

「制作費の高騰です。通常、大河は1本あたり1億1000万円はかかる。だが、今回は沢尻の収録分12話相当をすべて撮り直したために、制作費が1億5000万円に膨れ上がっているんです。ロケができないためにCGを使うなど、金に糸目を付けぬ人海戦術だった。制作費はどんどん膨れ上がった。また、川口が絡む本木(雅弘)や長谷川は同じ撮影を2度、行っているんです。今回は先方のご厚意で1.5倍で落ち着きました。しかし、こうした予算がバカにならないんです」(ドラマ関係者)

 画像だけでなく、すっきり鮮やかなゴールインを決めていただきたいが…。

あわせて読みたい

週刊実話の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「視聴率 + ドラマ」のおすすめ記事

「視聴率 + ドラマ」のおすすめ記事をもっと見る

「視聴率 + いだてん」のおすすめ記事

「視聴率 + いだてん」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「テレビ朝日」のニュース

次に読みたい関連記事「テレビ朝日」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月17日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 視聴率 いだてん
  2. 視聴率 ドラマ

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。