第2次ブーム 女たちの“ひとりエッチ”事情(1)

 まずは、衝撃の告白から紹介しよう。
 「男の心変わりや浮気が原因で恋愛やセックスをするのがイヤになっています。そんなある日、ネットで遊んでいたら、あれよあれよと秘密サイトに誘導された。気がつくと、20歳くらいの青年がイスに座ってオナニーしていたのです。1年禁欲していた私は思わず、スカートを脱いでオナニーに参加しました。時々、寝る前にやる漫然としていたオナニーとは比べものにならないくらい高揚した気分でクリトリスをいじり続けました。ほどなく、青年が『あっあっあっ』と声をあげ『うん、うん、う〜ん、あ〜、う〜』と唸り始め、ほどなく男根の先から白っぽい液を飛ばしたのです。それを見た私の頭の中は白くなりました。それ以来、毎日のように秘密サイトにアクセスしてクリトリスをいじっています」(公務員・春美さん・仮名31歳)

 今、女性の間では空前のオナニーブームらしい。会を立ち上げて15年になる『オナニー研究会』代表の想野富夢氏はこう語る。
 「第1次オナニーブームは昭和62年頃から始まりました。奇しくも、テレクラ第1号店が東京・新宿に開業した年です。ジメジメしたオナニーのイメージを楽しく会話しながら気持ちよくなるスタイルに変えたテレクラの功績は大きいと思いますよ」

 こうした新しいひとりエッチを「電話セックス」「テレフォンセックス」と呼び、テレクラ全盛時代が7〜8年続いた。
 テレクラが誕生した当初、女性はヤラセではなく、電話してくる男と本気でテレフォンセックスを楽しんでいた。そして、「今もテレフォンセックスの静かなブームは続いている」と想野氏はいう。

 4年前、全国の7164人を対象にオナニー研究会が行った調査では、〈月に1回以上オナニーをする〉と答えた女性は69%もいたという。しかし、今はさらに進んだ。
 「ブームの背景にあるのは無茶苦茶な食生活の結果、男性ホルモンが減って“欲動衝動”が少なくなったことです。余りセックスをしない草食系の若者や、妻とセックスしようとしても勃たないマンネリEDに陥っている中高年のセックスレス生活があります」

 一方で、性情報が氾濫し、お堅いNHKまでが朝の情報番組で性生活についてマジメに考えるようになり、性に関する女性の意識改革がおおいに進んだ。
 「動物人間学」研究者の春江次郎氏がいう。
 「最近になりセックスは女性ホルモンを活性化し、免疫力を高め、健康や長寿、そして痩身にも効果があることが分かってきました。ましてや、政治的、経済的混乱が続き、朝鮮半島や尖閣諸島問題などで平和が脅かされる現代にあって、人間という動物には子孫を今のうちに残そうとする本能が働き、性的欲動が強く起こるのです」

 こうしたオナニーブームを反映して、街にはオナニーグッズが溢れている。量販店の『ドン・キホーテ』でも簡単に買える。ひとりエッチする条件は十分揃っているわけだ。
 「今流行っているのがネットをおかずにしたものです。冒頭でも紹介したように、裏サイトの真っ赤に怒張した男根を見ながら想像を逞しくし、クリトリスをいじっている女性が少なくない。とりわけ、外国のサイトのものは非常に過激ですね」(想野氏)

 同時に、流行っているのが携帯の動画サイトに互いにひとりエッチしているところを写しあい、スリリングな会話をしながら楽しむテレフォンセックスだ。
 「今、何してる」
 「どこいじっているの?」
 そんな会話から始まったテレフォンセックスはやがて互いにオナニーを見せ合って、エスカレートしていくというのだ。

あわせて読みたい

週刊実話の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2011年1月13日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。