昼のバラエティー戦争に“異変”あり 『いいとも』低迷でタモリにノイローゼ説

 南原清隆恵俊彰が勝ってタモリが消える…。
 ここにきて昼のバラエティー戦争に異変が生じている。『笑っていいとも』の視聴率が4~5%台と低下、そのためTBS日テレの包囲網が急激に進んでいるのだ。
 「あまりにも『いいとも』(フジ系)が低すぎるので、11月に入ってから『ヒルナンデス』の日テレや『ひるおび!』のTBSが“今日はうちが視聴率トップだ”と連日のようにマスコミ各社にアピールしている。そのため肩身の狭くなったタモリはノイローゼ気味だといいます」(マスコミ界事情通)

 タモリ『いいとも』のシェアをもっとも食っているといわれるのが恵『ひるおび!』だ。
 1部(午前11時~12時54分)は5~6%だが、2部(11時55分~午後1時49分)が6~7%と圧倒的トップを走っている。
 「政治・経済など硬いネタが多いが、映像を使って恵やコメンテーターが、噛んで含ませるかのように優しく解説しているのが強み」(TBS関係者)

 だが、南原の巻き返しも無視できない。
 「『ヒルナン』の視聴率が7~8%台なので、気をよくした日テレの広報は11月に『トップ』、『横並びトップ』などと大宣伝。グルメやファッションなど30代女性の視聴者を多くひきつけたのが勝因でしょう。2月に7.8%とトップになり、数字を安定させたあとでも伸ばしている。F1(20~34歳)、F2(35歳~49歳)の女性視聴者が多いので、視聴率がそれほど高くなくてもスポンサー受けはけっこういい」(日テレ制作関係者)

 そんな中、打ち切り辞令を気にしているのがタモリ『いいとも』だ。
 「風前の灯ですね。相変わらず時間が止まったような内容にはうんざりです」
 そうぼやくフジ社員は少なくない。
 「だが、打ち切るとタモリの事務所の経営に影響する。毎月5億円近くはフジからわたっているので、打ち切られたらどうなるかわかるでしょう。事務所の担当者も、毎日視聴率表を見ながら冷や汗をかいていますよ」(フジテレビ関係者)

 来春には結論が出ているはずだ。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. タモリ タモリ倶楽部
  2. タモリ ブラタモリ
  3. タモリ レシピ
タモリのプロフィールを見る
週刊実話の記事をもっと見る 2012年12月10日の芸能総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

「タモリ + レシピ」のおすすめ記事

「タモリ + レシピ」のおすすめ記事をもっと見る

「タモリ + 笑っていいとも!」のおすすめ記事

「タモリ + 笑っていいとも!」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「マツコデラックス」のニュース

次に読みたい関連記事「マツコデラックス」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら