噂の美女・劉飛昶の淫相学 新SEX診断 飯島直子(44) サービス精神旺盛なSEX

 昨年末、会社経営者と「クリスマス再婚」を果たした飯島直子
 '90年代には「癒し系女優」として人気を博した彼女。44歳の熟女となった今も、顔全体の肉付きの良さは変わっておらず、好相をキープしている。

 若い頃から性ホルモンタンクの涙堂(下瞼)が豊かで、唇もほどよく厚く、エロ偏差値の高い顔立ちだった。加齢とともに涙堂は衰えるどころかやや厚みを増し、一度目の結婚も経て淫乱度は確実に増している。
 唇は自己愛の下唇が厚めで、他者愛の上唇がやや薄め。厚みの上下比が理想的で、見た目の美しさに加え、セックスの味の良さという点でも逸品だ。【淫乱度】は「4」と高い。

 彼女は、デビュー当時は(そういう眉が流行っていたこともあって)太く濃い眉だった。後年、細くなっていき、丸みもつけるようになり、田宅(上瞼)も広くなって、相学的にエロ度はやや増した。
 現在の、眉頭が太々としていて、先へ行くと一気に細くなるのは淫蕩眉。眉形は吊り上がりの「へ」の字型と三日月型の中間タイプで、もっとはっきり三日月型にカーブを作った方が(再婚したことでもあり)運は上向く。
 鼻の肉付きがよく、金甲(小鼻)の張りも申し分なくて、【絶倫度】は「3」。

 一方、彼女は芸能人にしては珍しく尻軽相が少ない。目尻の下がった眼相くらいで、【尻軽度】は「1」と低めだ。
 耳の穴の手前にある切れ込みがやや平凡なものの、口角の締まりのよさがカバーして、【名器度】は「3」。
 眉相と唇相が辛うじてあげまん相なものの、膨らみすぎの涙堂と垂れ目がマイナスポイントとなって、【あげまん度】は「2」どまりだ。

 今後、肉付きのいい鼻相が削げたようになってくると落ち目に陥る。鼻の穴が大きいのは金離れがいい証拠。しかもその鼻孔が正面からや覗き見えるのはあけっぴろげで、物心ともに太っ腹で出し惜しみをしない姉御肌な性格の現われだ。
 セックス面で言えば、こういう鼻相の女性は露出的な性戯を厭わず、男性の求めに応えていかようにもポーズをとってくれるコケティシュさがある。しかも目頭に切れ込みがあり、セックスに計算を持ち込めるタイプで、サービス精神豊かな淫戯が身上。頼めば裸エプロンや全裸休日など、エロエロで男を愉しませてくれるだろう。また彼女は耳が大きめで、悶えっぷりがハデなので、評点以上の淫乱度に感じられるはずだ。

 大きな耳は結婚指向が強いことも示し、あまり口が大きくない点も結婚向きだ。丸額で生来的な気性は女性的。鼻から下が長く、エラからアゴ先にかけての肉付きもよくて、晩年運、家庭運ともに良好。彼女がこの年齢で再婚したことはタイミング的に観ても良く、安定したいい家庭を築けるだろう。

【劉飛昶プロフィール】
劉飛昶(リュウ・ヒチョウ) 観相学・東洋運命学・心理学などを独学。セクソロジーにも通じ、女相から性感の特徴などを観極め、現代にフィットした〈新〉淫相学の研究に取り組む。淫相学とは、観相術の中でも男女の交わりに主眼をおいた観法の総称。

当時の記事を読む

飯島直子のプロフィールを見る
週刊実話の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「飯島直子」に関する記事

「飯島直子」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「飯島直子」の記事

次に読みたい「飯島直子」の記事をもっと見る

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年1月28日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 飯島直子 Instagram
  2. 飯島直子 ドラマ
  3. 飯島直子 前田亘輝

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。