生活費3億円支援は大ウソ ビートたけし事務所が激怒した志村けんの「フライデー襲撃事件美談」

 4月中旬からフェイスブックで急速に拡散している、ビートたけし志村けんの“美談記事”に、13万人が感動。しかし、たけし所属の『オフィス北野』はこれを全面否定し、怒り心頭なのだという。

 記事は、「フライデー襲撃事件('86年)後、ビートたけしが一時的に干された時は、志村けんがたけしと軍団の家族の生活費の面倒を見ていた」という内容だ。もともとネット掲示板で何者かによって記されたものだが、「志村の出費は3億円は下らなかった」と、かなり具体的。しかし、たけしと親しい番組プロデューサーはこう否定するのだ。
 「事実なら美談かもしれませんが、当時2人は付き合いがなかった。親しくなったのは、それから12年ぐらい経った'98年頃ですよ」

 たけしの親友で元『B&B』の島田洋七も言う。
 「2人の関係は、テレビ朝日で番組をやった時からですから、事件のだいぶ後です。謹慎中の時に石垣島にいた彼を訪ね、海辺で潮が足元まで満ちたのに気づかないほど話しましたが、志村さんの名前は一度も出てきませんでしたからね」

 2人が初共演した、'99年4月からスタートのバラエティー番組『神出鬼没! タケシムケン』に関しても、こんな経緯がある。
 「そもそも、志村の方から“一緒に仕事をしたい”と接近したんです。『8時だよ! 全員集合』や『加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ』は台本がしっかりしていて、ハードなリハーサルを積み重ねて本番に挑む。そのため志村はアドリブが利かず、ピンで活躍するようになってから悩んでいた。その時に、真逆の芸風のたけしに接近したんです」(2人の関係を知るマスコミ関係者)

 その後の志村の活躍ぶりは周知の通り。
 「当時は、“これが志村か?”と思うほど風采の上がらないおじさんでしたよ。ところが、たけしと出会ってから別人のようになった。それこそ“変なおじさん”に変身したんです」(テレビ関係者)

 2人の関係は、フェイスブックの内容の真逆だったようだ。

当時の記事を読む

ビートたけしのプロフィールを見る
週刊実話の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「ビートたけし」に関する記事

「ビートたけし」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ビートたけし」の記事

次に読みたい「ビートたけし」の記事をもっと見る

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク