トカゲの尻尾切り!? 横綱白鵬の付け人頭の“廃業”

 横綱白鵬(25)の付け人頭で野球賭博にも連座し、謹慎処分を科された幕下のK氏がこの春にも髷を切って廃業するという。このK氏、野球賭博で解雇された元大関琴光喜とも仲がいい、ともっぱらだ。
 「琴光喜とは博打仲間で、番付の差を超えて付き合っていたようです。琴光喜が錦糸町で飲んだ際は、周辺にある宮城野部屋の白鵬の部屋にわざわざ泊めてやっていたほどでした。しかし、火のない所に煙は立たずの例え通り、時期が時期ですから、何かと黒い噂の絶えない付け人頭には辞めてもらったほうがいい、と白鵬も判断したんじゃないでしょうか」(スポーツ紙記者)

 そういえば、白鵬には苦い記憶があるのだ。
 「部屋の師匠でもあった前宮城野親方(元十両金親)が愛人への寝物語として、『自分が白鵬の八百長の仲介をした』と漏らしたのです。その愛人は、ちゃっかり録音していて週刊誌に告発したんです。白鵬にとっては寝耳に水の話でしょう。前宮城野親方夫人も本当ならこの婿養子に三行半を下したかったんですが、外に知られてはマズい部屋の秘密を握られているため、離婚できなかったんです」(前出・スポーツ紙記者)

 実は、野球賭博が一段落した昨夏、角界の一部には八百長にまつわる噂がすでに流れたという。
 「昨年、野球賭博にかかわった力士の所属する部屋に警視庁のガサ入れがあって、携帯電話などが押収されたと報道されました。その時、いずれ激震が走るかもしれないと予感する力士もいたようです。勘のいい白鵬はその時から因果を含めてあったんじゃないか」
 とは相撲関係者。
 「何しろ、昨年の九州場所では、双葉山に次ぐ63連勝を成し遂げたが、この八百長騒動で『ひょっとして白鵬の連勝も八百長のおかげか』とファンから疑いの目で見られています。しかも、それに追い打ちをかけるように、先頃モンゴル・ウランバートルで行われる予定だった日本の国民栄誉賞に当たる、労働英雄賞の授賞式も延期になった。労働英雄賞は、力士第一号として朝青龍も授与されている名誉ある賞です。今の白鵬にとっては、栄光の記録を邪魔するものは何でも排除したいんですよ」(同)

 NHKの中継が中止になった昨年の名古屋場所では、涙を流した白鵬。今度も本場所再開の場所で涙を流すのであろうか。

あわせて読みたい

週刊実話の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「白鵬 + 引退」のおすすめ記事

「白鵬 + 引退」のおすすめ記事をもっと見る

「白鵬 + モンゴル」のおすすめ記事

「白鵬 + モンゴル」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「稀勢の里」のニュース

次に読みたい関連記事「稀勢の里」のニュースをもっと見る

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2011年2月27日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

  1. 白鵬 twitter
  2. 白鵬 モンゴル
  3. 白鵬 女子

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。