明石家さんま、福山雅治、伊藤英明も来店 摘発! 有名人御用達「秘密倶楽部」の“大人の自由SEX”(1)

       

 2月7日、東京・西麻布の住宅街でキャバクラを無許可営業していたとして、経営者ら2人が逮捕された。
 ところが、この店が芸能人や政治家の“御用達”だったことが発覚し、大騒動になっているのだ。
 この摘発劇で捕まったのは、『ユナイテッド・ラウンジ・トウキョウ』のオーナーである橋本荘一(41・世田谷区在住)と店長の小坂友智(39・新宿区在住)の2容疑者。同店は、表向き「社交クラブ」を装っていたが、その裏では約150名のホステスを雇い入れ、客に接待させていたのである。

 全国紙の社会部記者がその実態をこう語る。
 「同店は『洗練された大人のための究極のラウンジ』を謳い文句に会員を募集。オリジナル料理を楽しみ、様々なパーティーを安価で開くことのできるレストランとしてネットでも宣伝していたのです。だが、それはあくまで表の顔。実態は巧妙にホステスを雇い入れ、席に着いて接客させる高級キャバクラとして高額な料金を取っていた。押収された名簿には約6700人に上る会員が記載されていたが、国会議員や地方首長、スポーツ選手や芸能人などが多数含まれていたことから大騒ぎとなったのです」

 捜査関係者によると、同店は'08年6月にオープンしたが、摘発までに約12億円を荒稼ぎしていたという。また、昨年1年間の売り上げも4億5000万円に上り、「単なる飲食店にしては儲け過ぎ」「無許可営業ではないのか?」と以前から話題を集めていたのである。
 捜査関係者はこう語る。
 「そもそも、摘発のきっかけは昨年11月に起きた『海老蔵事件』。これが原因で警視庁は六本木や麻布で店の立ち入り調査を実施しなければならなくなったのです。同店は4回に渡る立ち入り調査の末に強制捜査を受けたが、その手口はなんとも巧妙。店内にいる女性たちを、『遊びに来ている素人』と説明する裏でシフトを組んで接客をさせ、バイト代を払っていたのです」

 裏帳簿とともに押収された女性リストには、女子大生を中心に20代前半の女性約150人の名前がビッシリ。しかも、そこには当局の目をごまかすための巧妙な仕掛けが隠されていたのだ。
 「店側は裏帳簿にホステスらを『賛助会員』として登録。直接給料を払わず、指名を受けると2000ポイント、ドリンク注文で800〜1700ポイントを与えていたんです。バイト代は1ポイント1円換算で、別会社がこれに応じた額を彼女たちの口座に振り込んでいたのです」

あわせて読みたい

週刊実話の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2011年2月28日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。