尼崎中3男子監禁事件“第二の角田美代子”が暴力支配した性奴隷現場

 同じ尼崎で起きた連続変死事件の主犯・角田美代子の再来か。中学3年の男子生徒(15)を自宅マンションに監禁し集団で性的暴行を加えたとして、強制わいせつ罪で12月11日に起訴された、沖野玉枝被告(43・尼崎市)。その異常な集団生活が明らかになりつつある。

 沖野被告は昨年10月から子供4人と現在のマンションに住み始めた。長女(14)と「LINE」などで知り合った少年少女たちが入り浸るようになったのは、今年2月頃のこと。家出、不登校、引きこもりなど、家出同然の7、8人と集団生活をしていたという。
 「沖野被告は少年少女に食事を与え、『ママさん』と呼ばれ慕われていた。しかし一方で、金属バットで殴ったり刃物を突きつけるなどして暴力で支配していたのです。さらには自ら経営するカラオケスナックで働かせ、少女にはメイド服やキャミソール、ビキニなどを着せ接客させていたとのことです」(社会部記者)

 沖野被告のマンションから徒歩で約10分の位置にある雑居ビル5階の同店、『尼っ子』は、飲み放題で1時間2000円。常連客によれば、同店はさながら連れ出しスナックのようだったという。
 「気い付くと客と女の子が店から消えとんねん。後で知ったんやが、店では際どいお触りまでやけど、ママ(沖野被告)のマンションでは本番さしとった。客は皆、若いコを抱けるいうんで喜んどったよ。ざっと1回2~3万円やったけど、常連客にママは『持っているだけでいい』なんて言うてたね」

 そのため、沖野被告の部屋を「ヤリ部屋」と呼ぶ少年少女もいたという。しかもこの部屋に関しては、こんな話もある。
 「少女たちは警察で『裸の画像を撮られた』と供述しているため、これも服従させる手段とも考えられる。また、マンションの一室には動画を撮るためのカメラがセットされており、撮影したものをDVDにして常連客に売ったり、ネットに流した疑いもあると捜査関係者は見ています。このため当局は、児童買春・ポルノ禁止法違反容疑でも調べを進めています」(前出・社会部記者)

 月々約36万円の生活保護費も受けていた沖野被告。暴力支配が最悪の事態を招かなかった事だけが幸いか。

あわせて読みたい

気になるキーワード

週刊実話の記事をもっと見る 2013年12月22日の社会記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。