阪神・新勝利の方程式「AFO」に早くも虎ファン「アホか」の大ブーイング

 来季の阪神は投手がキーポイントになりそうだ。
 「先発投手の頭数が足りません。能見、メッセンジャー、藤浪、そして、ドラフト1位の岩貞を4番手に数えなければならない状況で、オリックスから井川慶をトレードで呼び戻す交渉も進めています」(在阪記者)

 窮地に陥った理由は明白だ。オフの補強に失敗し、先発、中継ぎ、クローザーの人数構成がアンバランスになったためである。
 「中日からFA宣言した中田賢一を逃したのが痛かったですね。新クローザーとして、韓国から呉昇桓(オ・スンファン)を獲るには、外国人選手枠がネックとなり、リーグ3位の防御率を残したスタンリッジを断腸の思いで切りました。その穴を中田か、同じくFA権を行使した大竹寛で埋めようとしましたが、結局2人とも獲れなかった。さらに先発で実績のある久保康友までがFAで流出してしまい、投手編成そのものが瓦解してしまったのです」(前同)

 先の井川復帰策もそうだが、阪神は国内トレードで先発投手の再補強を狙わざるを得ない。それでもそこが弱点となれば、自ずと救援陣の出番が増えていく。昨季中盤に出てきた松田は未知数であり、安藤、福原、呉昇桓の3人が軸となる。

 しかし、その3人の頭文字は安藤(=A)、福原(=F)、呉昇桓(=O)で『AFO』。『AFOリレー』が失敗した場合、「AFOは『アホ』とも読める。継投ミスで負けたら、週刊誌の格好のエジキにされる」と、ファンの間で早くも囁かれているのだ。
 「呉昇桓の獲得は、ソフトバンク、楽天も狙っていました。資金力のあるIT企業とマネーゲームになったら勝てない。そこで阪神は契約を急ぎ、また、呉サイドに誠意を示すため、『2年総額9億円』なんて破格の条件提示をしたそうですね」(パ球団職員)

 その呉の調印式は韓国で行われた。韓国の英雄投手にふさわしい船出を演出するためだが、中村GMは何と格安チケットで往復したという。
 ケチケチするなら、破格の年俸を削るべきだ。

当時の記事を読む

週刊実話の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年12月30日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。