死ぬまで現役 下半身のツボ “中折れ”を防ぐための簡単トレーニング

 男女問わず性の悩みをカウンセリングしている潮田英子氏のもとには、様々な患者が訪れる。その中でも“中折れ”に関する相談は、男性の悩みベスト3に入る重大な関心事だ。
 「中折れは、老いたからなるものではありません。働き盛りの30~50代からもよく相談を受けます。仕事や家庭、人間関係などからのストレスから始まることも多く、注意が必要です」

 中折れした時、一番やってはいけないのが見栄を張ることだ。パートナーの女性に「疲れたから今日は寝るよ」「お酒が回っていて辛いから止めよう」などと言い訳をして、中折れしたことを隠すと泥沼にはまりやすいそうだ。
 「見栄をはってしまうと、次にセックスするときに“失敗したくない”と余計にプレッシャーがかかります。結果、再び中折れしてしまい、ずるずると症状が悪化するケースが目立ちます。ですので、中折れした時には相手にそれを伝えたうえで『今日は君を悦ばせることで僕も一緒に愉しむよ』と、“イク”セックスから“イカせる”セックスへと変更して継続するのがいい。そうすれば女性も満足するので次に繋がっていきます」

 また、すでに中折れの泥沼にはまった人でも、たった1回の成功体験でV字回復させることは十分可能だ。
 「1回成功すれば自信を取り戻し、中折れが治ることも多い。他の女性とセックスするとうまくいきやすいので、嫌でなければ風俗に行ってみて下さいと、私は勧めています。どうしても愛する人以外と性行為をしたくないならば、勃起薬を飲んでみるのも手です。バイアグラやシアリスには、タバコのような中毒性はないので安心です」

 ただし、セックスする日のスケジュールに合わせて服用する薬は変える必要がある。例えばバイアグラは服用後1時間程度で効果が表れる。キスや愛撫を始める30~40分前に服用し、じっくり愛撫をほどこしてから挿入すれば問題ない。しかし、食事後は効果が表れにくいため、食事デートからホテルに行く場合には不適切。むしろ持続性のあるシアリスをデート前に飲んでおくといいだろう。
 「それでもダメならば、体力の衰えからきている可能性があるのでトレーニングを積みましょう。おしっこを切るときのように、肛門をキュッと締めて緩める運動を繰り返し、八の字筋を鍛えるのです。どこでもできる運動ですので、気づいたときに何度もキュッキュと締めて動かすといい。これはいわばペニスの筋肉トレーニングみたいなもの。早い人は数週間で効果が表れ、2~3カ月も続ければ、かなり強いペニスに変わります」

 この運動は、まだ中折れを経験していない人もするといいそうだ。持続力の高い強靭な勃起力を手にいれることができるほか、早漏予防や射精コントロールにも効果があるからだ。
 「この筋肉は放っておくとどんどん弱体化していきます。鍛える運動を習慣化させている人は少ないので、他の男とは一味違う、強いペニスを手に入れることも十分可能です」

 中折れでチャンスを逃さないようにするだけではなく、八の字筋を鍛えて、“おかわり”できる男を目指してみてはいかがだろうか。

潮田英子
夫婦問題、性の問題、中高年世代の生き方などを専門にするカウンセラー。大人の女性のラブメディア『JESSIE』で連載中。著書に『女性カウンセラーが教える50代からのHOW TO SEX』がある。

あわせて読みたい

気になるキーワード

週刊実話の記事をもっと見る 2014年1月1日のライフスタイル記事

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「筋トレ」のニュース

次に読みたい関連記事「筋トレ」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら