孫正義もみのもんたも画策中!? TBSが警戒する買収攻勢の不気味

 年明け早々から、TBS周辺が慌ただしくなりそうだ。さまざまな買収攻勢を受けそうだからだ。
 「もちろん、TBSのような『認定放送持株会社』は、持株会社に対する一株主の出資比率が10%以上3分の1未満と決められている。つまり、3割以上は買い増しすることはできないわけで、どういう買い占め方をするのか、いろいろと囁かれているのです」(事情通)

 そこで、日本経済新聞社(以下、日経)の動きに注目だ。実は、TBSとはかなり近い関係にあるからだ。
 日経とTBSは、'12年4月に共同事業組合『日経・TBSスマートメディア』を設立し、一見、共同歩調をとっているように見える。しかし、日経の意向をそのまま受け取るわけにはいかないという。
 「日経といえば子会社にテレビ東京があるが、売り上げがたかだか1000億円。視聴率もやや上がってきてはいるものの、5キー局のなかでは最下位。そのため、日経はTBSを抱き込みたがっているのです」(同)

 その日経に加え、ここへきて“TBSを欲しがっている”との情報が流れているのが、法人ではなく個人で、あの人物だ。
 「みのもんたですよ。みのは『朝ズバッ!』を降板させられたことに相当恨みを持っている。そのため、株を買い増しし、TBSを牛耳ろうとしているともっぱらなんです」(同)

 みのは現在、TBS株を推定4万株ほど所有しているという。また、購入資金にも余裕はあるようだ。
 「愛知時計電機の個人筆頭株主で、時価で10億円はくだらない。おまけに鎌倉には17億円の豪邸もあり、その担保価値は十分過ぎるほどある。この二つを合わせて30億円弱。さらには定期預金が、減ってはいるが20億円程度あるといわれます」(芸能記者)

 もう一人、兜町筋が熱い視線を注いでいるのが、ソフトバンク社長の孫正義氏だ。
 「拡大こそ命というのが孫オーナーの経営哲学。ただし、携帯会社ばかり買収するのも米『TモバイルUS』で最後にしようとしている。次の標的を日本のキー局にしたいと側近に漏らしているという話です」(携帯通信会社幹部)

 そこで名前が挙がっているのがTBSなのだ。
 「'96年、メディア王のルパート・マードックはテレビ朝日買収を仕掛けたことがある。そのマードックが最近、頻繁に日本に姿を見せており、どうやら孫氏と極秘に会っているというのです。その内容が、ずばりTBS買収。テレビ事業が頭打ちのマードックも、日本のキー局には興味津々です」(事情通)

 いずれにせよ、TBSをめぐる買収騒ぎから目が離せない。

あわせて読みたい

週刊実話の記事をもっと見る 2014年1月15日の社会記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら