艶女優9人の知られざる“極貧伝説”(1)小向美奈子、小西真奈美

       

 タレント・上原美優(23)が、貧乏アイドルとして脚光を浴びたのが'08年ごろ。彼女に限らず、今をときめくスターたちの中には、無名時代に貧しい生活を経験した者は多い。そこで今回は、意外な人気女優たちの極貧時代を紹介してみよう。

 2月25日、フィリピン・マニラから帰国し、成田空港で覚せい剤取締法違反の容疑で逮捕された小向美奈子(25)。小向容疑者は'09年に同容疑で逮捕、起訴。その後、ストリッパーに転身して注目を浴び、芸能界復帰も近いと思われていた矢先のことだった。
 その小向がグラドルとしてデビューしたのは15歳。渋谷センター街のマクドナルドに男友達数人と一緒にいた際、後に所属する芸能事務所のマネジャーにスカウトされたのがきっかけだった。
 デビュー前の小向と接点があった某芸能関係者によれば、当時の小向は家出を繰り返し、ギャルのメッカだった渋谷センター街をウロついていたのだという。
 「実家が埼玉の小向は、家出同然の状態で渋谷に来ていました。当時、すでに小さな芸能事務所に出入りし、少しは芸能関係の仕事もしていました。未成年だったのでキャバ嬢は無理でしたが、キャバのビラ配りのバイトをしていました。彼女自身かわいいから、ビラを受け通った客が店に入ることが多く、そこそこ稼いでいたようです。しかし、遊びまくっていたので常に金欠状態。それで男友達にごちそうになったり、家を泊まり歩いたりしていました。泊まった際には、お礼代わりのエッチも多かったようですよ」
 実は、こう話す同氏が“一宿一飯の恩義”に預かった1人。「当時から胸はデカかったですが、体つきは子供でした。ただ、話すことはずいぶんと大人でしたよ」と振り返る。

 セレブなイメージの強い本格派女優にも意外な貧乏話はある。まずは昨年、福山雅治(42)と結婚説が浮上した小西真奈美(32)だ。
 鹿児島出身の小西は、小学生時代に両親の離婚を経験。母子家庭で、家賃1万円程度の市営住宅に住んでいたという。
 「彼女の母親は、昼は事務員、夜は菓子屋の店員として働き、家計をやりくりしていました。子供のころの夢は、家に友達を呼んで誕生会をすること。冬場にお湯が使えないほど貧乏で、水で洗い物をしていたほどです。ひび割れを防ぐためにハンドクリームを使っていたため、今でもハンドクリームを見ると、そのころを思い出すという。一説によると、かつて小西の苦労時代の話をドラマ化しようとオファーした局がありましたが、見事断られたとか」(女性誌記者)
 小西は高校時代、家計を助けるため寿司屋や美容院でバイトする一方、テニス部に所属し、柔道部のマネジャーも務めていたというから大したものだ。

小向美奈子のプロフィールを見る
週刊実話の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「小向美奈子 + AV」のおすすめ記事

「小向美奈子 + AV」のおすすめ記事をもっと見る

「小向美奈子 + 覚せい剤」のおすすめ記事

「小向美奈子 + 覚せい剤」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「坂口杏里」のニュース

次に読みたい関連記事「坂口杏里」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2011年3月17日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 小向美奈子 AV
  2. 小向美奈子 覚せい剤

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。