ジャニーズ内紛スクープ! 嫌いな男優NO.1キムタク爆弾炸裂(3)

 さらに、キムタクをピンチに追い込んでいるもう一つの要因がジャニーズ事務所内の派閥抗争だという。
 「後継者争いが注目されるジャニーズ内で『』『TOKIO』『V6』『関ジャニ∞』『Hey!Say!JUMP』などを抱える保守本流のJ派と、『SMAP』をトップに『Kis-My-Ft2』『A.B.C-Z』『Sexy Zone』などを擁するI派が主導権を握ろうと対決している。しかし、最近は『嵐』の人気台頭で『SMAP』を頂点とするジャニーズ内の序列が崩れ出した。これまでのようにI氏のゴリ押しは通じないでしょう」(事情通)

 ジャニーズ内の派閥抗争は、そのまま4月に改編される“共演NGブッキングリスト”にも影響を及ぼしている。
 なんと、このリストのトップに同じジャニーズ事務所所属ながら『SMAP』木村拓哉と『TOKIO』メンバー(城島茂山口達也国分太一松岡昌宏長瀬智也)の名前が新たに加わったというのだ。
 「要は、木村と『TOKIO』のメンバーは誰であろうと共演は絶対NGということ。テレビ界ではこの時期になると、新たに共演NGリスト入りするメンバーの名前が口頭で申し送りされるんです。4月以降に制作されるドラマやバラエティー番組でキャスティングのトラブルを未然に防ぐためです。10数年もリストを担当していますが、今回ほどドキっとさせられたことはありませんよ。各テレビ局とも、木村や『TOKIO』ともつきあいがあるし、J氏、I氏ともパイプがある。どちらが仕掛けたのかは定かではないが、芸能界は本当に怖いところです」(民放編成幹部)

 J派の『V6』岡田准一主演映画『永遠の0』の興行収入が80億円の大台を突破した。
 「日本映画の実写で80億円を超えたのは4年前の『THE LAST MESSAGE 海猿』以来です。木村主演映画『HERO』('07年)の興収81億5000万円を超えるのは時間の問題。“キムタク超え”は、派閥争いでJ派勝利の決定打となるでしょう」(芸能プロ関係者)

 週刊文春(4月3日号)が行った「嫌いな男」アンケートではキムタクが2位(水谷豊)に5倍以上の差をつけ、ブッチギリの1位に輝いた。
 「会社にもよくいるでしょう。40歳過ぎのいいおっさんなのに、若い世代にうけようとして嫌われる典型。本人だけがわかっていない」(前出・蝦名氏)

 「待てよ」と言っても待てない。ジャニーズ内の世代交代と共にキムタクも消えていく運命にあるのか。

あわせて読みたい

気になるキーワード

週刊実話の記事をもっと見る 2014年4月9日の芸能総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「嵐」のニュース

次に読みたい関連記事「嵐」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「SMAP」のニュース

次に読みたい関連記事「SMAP」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。