島根自殺サイトで知り合った男性を殺めた 承諾殺人容疑女子大生

 4月3日、女子大生(18)がインターネットの闇サイト(自殺サイト)で知り合った31歳の男性に頼まれて殺害したとして、島根県警松江署に逮捕された。女子大生はこの春高校を卒業したばかりで、大学へ一度も通うことなく警察へ連行された−−。
 「名古屋市に住む女子大生は4月1日、母親に『ネットで知り合った人に会いに行く』とだけ話して家を出た。さらに夜、『(島根県)松江市で男性と無理心中するつもり』との連絡を受けた母親が、翌日朝に娘が語っていた松江市の空き家の2階へ行くと、練炭が燻る七輪5個があり、すでに死亡した男性の傍で彼女が呆然と座り込んでいたそうです」(社会部記者)

 駆けつけた警察官に女子大生は、「(男性に)殺してくれと頼まれ首を絞めたら死んだ」と供述したため、“承諾殺人”の疑いで逮捕となった。
 殺害されたのは松江市の無職、岡田湖樹さん。2人はサイトで知り合った後、メールのやりとりを通じて親しくなったという。
 「2人が心中騒ぎを起こした空き家は岡田さんの祖父所有の建物で、元はアパートだったのですが、改装のため空き家になっていました。岡田さんは介護の仕事をしていましたが、仕事中に大ケガを負い働けなくなった上、昨年11月には離婚し実家へ戻っていた。そんな離婚と失業という耐えきれない二重苦の慰みが、ネットの交流サイトだったようです」(同)

 そこで出会った多感な時期の女子大生が深い同情を寄せたのか。彼女が容疑をかけられた“承諾殺人”に関して、司法記者が説明する。
 「女子大生が岡田さんに同情して心中を図ったようですが、このようなケースは同意殺人として扱われ、被害者が頼み込めば嘱託殺人、加害者が被害者の承諾を得ていれば承諾殺人ということになる。どちらも6カ月以上7年以下の懲役で、過去の判例では、承諾殺人は平均懲役3年といったところです」

 しばらくなりを潜めていた悪質な類の自殺サイトだが、やはり根深く生き残っている。

あわせて読みたい

気になるキーワード

週刊実話の記事をもっと見る 2014年4月12日の社会記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら