テレビマン暴露 社外秘 芸能界ドS&ドM女優リスト(2)

 一方、映画『私の奴隷になりなさい』や『甘い鞭』で、M嬢としてハードな全裸ファックを見せた壇蜜(33)は、プライベートでもドMぶりを公言している。
 「エッセイ『蜜の味』では、かつての彼氏たちとのSM経験を赤裸々に綴っていますからね。縄で縛られ、首輪をつけられ、剃毛プレイまで経験し、〈縄が肉体に食い込む時、(中略)。『自分はここにいる』という存在感が、脳を直撃するといっていいぐらい〉と、SMプレイのトリコとなったことも暴露してますから、相当なものです」(芸能記者)

 あるグラビアカメラマンは、壇蜜の撮影秘話をこう明かす。
 「シースルー素材のパンティーを穿かせ、M字開脚を撮影していたんですが、次第に頬を紅潮させてきたと思ったら、なんとアソコに光るものが…。しかもその雫は、次第にパンティーに小さなシミをつくっていったんです。私もコーフンして、夢中でシャッターを切りましたよ」

 恥ずかしい部分をスタッフに見られ、M女のスイッチが入ってしまってしまったということなのだろう。

 演技派女として評価の高い小池栄子(33)も、「私は極上のM」と公言したことがあり、男に支配されて感じるイケない体質の持ち主だという。
 「夫の坂田亘は、プロレス団体を潰して借金を抱え、飲食業に乗り出すも失敗。小池の稼ぎのほとんどは、坂田の借金返済にまわっているのですが、今でも“オレ様”の坂田に言われるがままに靴下まで履かせ、風呂でも背中を流すなど、巨乳を揺らして尽くしまくっているといいます」(芸能関係者)

 小池のこうしたM体質は、芸能界でもズバ抜けているが、ハードさでは加藤夏希(28)も負けてはいない。
 「数年前、加藤がイベントでアントニオ猪木と共演したときのことです。猪木がイベント関係者にお馴染みの“闘魂ビンタ”をお見舞いしたところ、加藤は目を輝かせ、『私、Mなんでやられたいと思っちゃいました』とウットリした表情で、猪木を見つめていたんです」(ワイドショー関係者)

 '06年には、交際していたマネジャーに3000万円を横領されるというドロ沼スキャンダルに見舞われたが、「別れを切り出すたびに『交際をバラす』と脅されて関係が続いていた」(同)というから、生まれ持ってのドMなのだろう。

 一方、北乃きい(23)はドラマ撮影で自身のM性を開花させたタイプだとか。
 「'07年のドラマ『ライフ』(フジテレビ系)でイジメられっ子を演じたとき、トイレの床に這わされたり、頭から水をぶっかけられるシーンがあったんです。初めこそ不安気でしたが、撮影が終わると『スゴく気持ち良かったです』と目を輝かせていたんですよ」(ドラマ制作スタッフ)

 その後、「暴風雨の日に外出し、激しい雨に打たれるのが好き!」などと、ドM発言が増えたというから、なんともエッチな話。こうした女優たちが、持てる性癖を全開にしてドラマに臨めば大ヒット作は間違いないだろう。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

壇蜜のプロフィールを見る
週刊実話の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「壇蜜」に関する記事

「壇蜜」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「壇蜜」の記事

次に読みたい「壇蜜」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク