国立・骨董店主殺害事件 陶芸家と17歳年下美人妻のドラマ「相棒」的犯行動機(2)

       

 櫻井容疑者夫婦が住んでいたのは、谷川岳の南側麓に広がる水上温泉、上牧温泉がある水上温泉郷に近い観光地。国道291号線に面しており、『あそびの駅』という看板を掲げた2階建ての建物だ。
 「あそこには、もともと観光案内所があったんですよ。看板はその頃の名残で、そのままになっている。10年ほど前に櫻井夫婦が地主から借りて、そこに窯を作ったんですが、あまり熱心に陶器を焼いている様子じゃなかったね。2人は道で会うと挨拶くらいはするが、地元の人との付き合いはほとんどなかった」(地元住民)

 その自宅兼仕事場を覗いてみると、20坪ほどの広さで風呂場もない様子。敷地内は雑然としており、ゴミが散乱していた。家の中も洗濯物が干されてはいるものの、古雑誌等で散らかされ生活の匂いはない。焼き物が陳列してあるわけでもなく、現在はおよそ陶芸家の住まいの趣を感じられなかった。庭には名古屋コーチンを飼っており、数羽が地面をついばんでいた。
 別の周辺住民は言う。
 「2人は'04年8月に新潟県長岡市から引っ越してきて、自宅で焼いた壺などを売って生計を立てていたようです。焼き上がった陶器を奥さんの車に積んで、群馬の前橋や高崎、東京方面へも売りに行っていました」

 しかし、生活は楽ではなかったようだ。当初5万円で借りた家賃も滞りがちで、大家によれば、それを3万円に値下げしても、ここ2年半は滞納を続けていたという。

 正男容疑者に関してはこんな話もある。
 「大家が行くとお茶くらいは出していたそうですが、家賃の支払いの話になると態度をがらりと変えて、言葉が乱暴になった。タダで住むつもりかと家主が問うと、『100万出してくれれば出て行ってやる!』と開き直ったそうです」

 夫より17歳下の久美子容疑者は、自宅から車で10分ほどのコンビニでパートとして働いていた。
 「おそらくパートで稼いだ月々10万円程度の収入と、焼き物を売った不安定な収入で生計を立てていたのでしょう。ただ、奥さんの実家は新潟県長岡市の資産家だそうで、以前家賃はその実家が支払っていたと聞いたこともあります。だから、実家の援助で十分やっていけるはずなのにと噂していたんです」(別の周辺住民)

あわせて読みたい

週刊実話の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「事件」に関する記事

「事件」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「事件」の記事

次に読みたい「事件」の記事をもっと見る

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年5月27日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。