表向きは“マンネリ打破”のため、しかし実態は… パが画策する交流戦でのセ潰し

 2014年のセパ交流戦は5月20日に開幕した。これまでの9年間で、セ・リーグが勝ち越したのは09年だけ(70勝67敗7分け)で、『パ強セ弱』のイメージが浸透してしまった。この時期になると、パ・リーグ出身のプロ野球解説者の表情もミョ~に明るくみえる。しかし、交流戦そのものが“興行イベント”が盛り上がっているかどうかは言えば、疑問だ…。
 「ここ最近、交流戦の観客数が伸び悩んでいるのは“マンネリ”のせいです。ふだん、対戦しないセパのチームが真剣勝負する新鮮さも薄れてきました」(パ出身のプロ野球解説者)
 交流戦期間中に『DH制』をセ・リーグ主催球場で実施し、パ・リーグ主催球場では採用しないという試験的移行を始めたのも、マンネリ打破のためだ。

 交流戦の興行改革は必須であり、プロ野球実行委員会等でも話し合われてきたが、セとパの思惑が違うらしく、意見が一致しないという。NPB関係者が改革案に関する内幕をこう説明する。
 「セ、パともに一致しているのは日程問題です。一定期間内に『1チーム24試合、合計144試合』を消化するのは厳しい。雨天中止ともなれば、スケジュールが過酷となり、かといって、順調にスケジュールを消化できたチームはペナントレース再開まで5日もゲームがない状況となり、ファンの熱気も冷めてしまう。セ側は現状の24試合を18試合に減らすべきと提案していますが…」

 しかし、パ・リーグ側の見解は違う。『試合数を変えず、5月と秋の2部制へ』との一部報道もあったが、その情報はパ・リーグ側から出たものなのだ。前出の関係者によれば、「春と秋に分散したら、間延びしてしまい、スポンサーを募りにくい」とし、NPB内にも2部制に反対する者は少なくないという。
 「セ6球団は交流戦になると、ペナントレースとは違う移動も強いられます。北海道から福岡までを移動することになるので体力的負担も感じているようです」(前出・同)

 『対セ』の勝率が高いパ・リーグ6球団だが、交流戦を分けてペナントレース佳境に後半を移行させられれば有利に展開できる。しかも、商売上手のパは『交流戦限定グッズ』を販売するなどし、チケット収入以外の収益も挙げている。セ6球団もそれに追随したが、勝率が悪いせいか限定グッズの売上げはあまり高くないそうだ。
 「Tシャツ、キーホルダーなどのグッズの売上げはご贔屓チームの勝敗に影響する」(スポーツ紙記者)

 阪神は甲子園での交流戦12試合で『パを食い尽くせ!』なる飲食メニューフェアを行っている。『ずんだ餅ソフトサンデー』(=楽天)、『博多豚骨風 鉄板焼きラーメン』(=ソフト)、『ジンギスカン丼』(=日本ハム)…。一部のパのチームではすでに採用されている交流戦特別飲食メニューだが、球場で食べるものの売上げは勝敗に影響しない。交流戦で儲けるにはアイデアとしたたかさも必要なようだ。

あわせて読みたい

週刊実話の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年5月30日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。