日本海のサメが怖い夏の行楽シーズン

       

 海水浴シーズンを前に怖い話だ。6月9日、愛知県豊橋市の海岸水深1メートルの浅瀬でサーフィンをしていた男性(43)がサメに左腕を噛まれ、30針を縫う全治1週間程度の大けがを負った。「じっとしていた方がいい」と冷静に判断したおかげで、腕の肉を食いちぎられずに済んだようだ。
 「幸い男性が救急救命士であったことや、厚さ3ミリのウェットスーツを着ていたことから大事に至りませんでした。サメの種類はわかっていませんが、頭は人間の顔ぐらいの大きさだったと証言していることから体長は1~2メートルほどと推定されています」(地元紙記者)

 専門家によると、日本の海はいつサメが出現してもおかしくないというくらい多いらしい。
 「日本周辺には季節問わず100種類以上のサメがいます。そのうち“人食い鮫”といわれるものは『ジョーズ』のモデルになったホオジロザメやイタチザメ、オオメジロザメなどです。サメは泳いでいる人や波間にプカプカ浮かんでいる人を襲う傾向があり、浅瀬にも侵入することから、たとえ海水浴場でも注意するに越したことはありません」(海洋ジャーナリスト)

 海水浴の場合、何を注意すればよいのか。
 「サメは血や体液の匂いに敏感であることから、出血していたり、生理中の女性は海に入らないようにした方がよいでしょう。また、海面でむやみにバシャバシャすると、サメには弱ったアザラシに見えて噛みつかれることも。実際に襲撃されたのは一人でいる場合です。人が多ければサメは近づきませんし、サメの侵入に気づき助けてもらえる可能性も高くなります。もし襲われた場合は、弱点である鼻をつかんで攻撃をかわすしかないですね」(同)

 珍しい出来事だとしても、気を付けたいものだ。

週刊実話の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年6月28日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。