詐欺で裁判沙汰のビートきよし 刑事事件に発展か?

 ビートたけし(66)と『ツービート』で漫才ブームを牽引したビートきよし(64)に約1500万円を騙し取られたとして、横浜の建設会社の元社長A氏が損害賠償を求めた民事裁判が続いている。

 A氏の話では、きよしがA氏に「ごみ処理機でボロ儲けできる権利がある。厚生労働省がまもなく認可するので、儲けは間違いない」と持ちかけた。その際に、A氏はきよしに「機械を販売するには会社が必要」と言われ、経費で新会社を起こした。
 その会社で機械を扱うことにするのだが、さらに「この機械の権利を取るのに1500万円が必要」と、持ちかけられ、A氏は新会社に1500万円を投資する。A氏はここが詐欺だと主張する。

 機械の販売権利を持っていたB氏(きよしと同じ詐欺罪の被告)は、当初きよしに「300万円を用意して下さい。それで権利が取れる」と話していた。しかし、B氏がA氏に要求した額は1500万円。B氏はきよしに言われるがままだったという。きよしを信じていたA氏は1500万円を支払い、その金はその日のうちに分配された。
 B氏は1500万円の内訳を、「受け取ったその晩にお金が分けられました。きよしさんときよしさんの愛人が住むマンションに集まり、僕には300万円、きよしさんが1100万円、愛人が100万円。なぜか愛人にも金が渡りました」とA氏に説明している。すでに口頭弁論は行われているが、きよしは出廷していない。双方の主張はいまだに平行線のままだ。
 A氏ときよしは、きよし主催のゴルフコンペで知り合った。きよしがスポンサーを求めて始まった交際だったが、その関係も長くは続かなかった。A氏は2度きよしに内容証明を送っている。最初は「ちゃんと返す」という返事だったが、だんだんと返事が遠のき「会社の失敗。会社に投資したのはAさんだ」と発言するようになり、二人の仲はこじれ、信頼関係が壊れた。

 こうして、当初は「話し合って、相談してくれればね。知り合った仲ですから」と話していたA氏の怒りが爆発して、訴訟になった。
 「それ以外にもだいぶ投資しました。きよしが必要だと言うからね。それはタニマチと言われればしょうがない。でも、詐欺と開き直りだけは許せない」とA氏は憤る。

 被告になったきよしは、代理人を通して答弁書を送っている。もちろん内容は「否認」、「不知」、「反論は次回期日提出の準備書面で」という言葉が並んでおり、全面対決の構えだ。
 「横浜や生まれ故郷の山形には、きよしに金を貸してる人はいっぱいいるよ。300万円とか少額だから我慢してるけど、1000万円を超えたらAさんみたいな人が一杯出て来る。仕事していないし、収入が無いんだから当然だよ」(きよしの芸人仲間)

 この民事裁判に判決如何では、刑事事件に発展する可能性もある。女性週刊誌記者は「取材したけど、きよしさんの周りには、危ない人ばかり。この裁判で、きよしさんに勝ち目は無いかもね」というが、きよしの強気は消えない。裁判の行方に注目したい。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. ビートたけし 事故
ビートたけしのプロフィールを見る
週刊実話の記事をもっと見る 2014年7月27日の芸能総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

「ビートたけし + 事故」のおすすめ記事

「ビートたけし + 事故」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「東野幸治」のニュース

次に読みたい関連記事「東野幸治」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「志村けん」のニュース

次に読みたい関連記事「志村けん」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら