京都・大阪連続不審死事件 疑惑の67歳老女(野際陽子似)の正体(2)

 もっとも、気になるのはここまで警察とマスコミの注目を集めている疑惑の熟女の素性だろう。
 もともと、Aは福岡県北九州市生まれ。県内の名門高校を卒業後、大手銀行に入社したが、当時から地元では美人として名を馳せた存在だったのだ。
 「高校の同級生によれば『吉永小百合まではいかないが、野際陽子以上の美人!』といわれ、実際に彼女によく似ていた。就職先の銀行でも、その美貌が目を引く才媛だったのです」(民放局の社会部記者)

 '70年には大阪の自営業者の男性と結婚。2人の子供を授かったが、47歳の時からその人生に不吉な“影”が差し始めたという。前出の社会部記者がこう語る。
 「'94年に夫が心臓病で入院したのですが、外出許可が出た夜に自宅で突然死したのです。周囲はこれを不審に思っていましたが、Aは手にした遺産で京都、兵庫、和歌山、島根を転々。金が尽きた頃の'03年に、大阪の自宅を税金未納で差し押さえられたが、翌年には兵庫県西宮市で薬局を営む67歳の資産家男性と再婚しているのです」

 ただ、この2度目の結婚生活にも明らかな疑惑が渦巻いている。実は、この2人目の夫は、結婚から2年後にまたも心筋梗塞で突然死。Aはその際にも、約3000万円の生命保険金を手にしているのだ。
 「その後、松原市に住む77歳の男性と3度目の結婚。この男性が突然死すると、2人の高齢者男性と交際した。そのうちの1人がバイク事故で亡くなった豊田さんで、もう一人の高齢者男性も死亡しているのです。しかも豪胆なのは、これだけの交際歴に飽き足らず、昨年春には結婚相談所に登録。紹介を受けた林さんと10月に入籍し、再び不審死事件に巻き込まれているのです」(前同)

 在阪の社会部記者がこう話す。
 「Aの周りでは多くの男性が心臓発作で不審死している。そのため、京都府警はAをポリグラフ(嘘発見器)にもかけたが、判断材料にはならなかった。また、今年3月下旬には、事件を追う記者たちがAを、現在住んでいる大阪市内の自宅マンション前で40分にわたって詰問したが、『犯罪者になりたくて生きてませんねん』『徹底的に調べてくれたらええねん』と全面否定。あ然とする開き直りぶりだったのです」

 両府警は、青酸化合物の入手経路についても捜査している。

 67歳でもAは超美人。見たままの“毒婦”と謳われた、木嶋佳苗や上田美由紀以上の一大事件となることは間違いない。

あわせて読みたい

気になるキーワード

週刊実話の記事をもっと見る 2014年8月16日の社会記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。