話題の1冊 著者インタビュー 福澤徹三 『忌談3』 角川ホラー文庫 480円(本体価格)

 −−今作で忌談シリーズも3作目になりました。

 福澤 1作目を書くときに、担当編集者から「普通の怪談実話はありふれているから、アンダーグラウンドに特化した怪談はどうですか」と提案されたんです。面白いアイデアだと思ったんですが、取材が大変なので、それだけで1冊書くのは難しかったんです。そこでアウトローや夜の世界だけでなく、心理的に厭な話や不気味な話まで間口を広げたわけです。怪談実話は本来、超自然的な現象が軸だと思っているんですけど、この本は「忌まわしい」と感じられるものなら何でも一緒くたにしています。ほとんど苦し紛れで始めたシリーズなのに、ここまで続くとは思わなかったです。

 −−どうやって話を集めているんですか?

 福澤 今回はネタ不足に悩んだ揚げ句、担当編集者と大阪に取材へ行きました。そこで一般の方から作家まで一堂に集めてもらって、同業者からもネタを集めるというアコギなことをやりました(笑)。普段は地元の飲食店で取材することが多いです。ただ自分が酔っちゃうと話を聞くどころじゃなくなるし、長年取材をしてるんで、僕の顔を見るなり「もう怖い話はないよ」なんて顔をされます(笑)。時には一席設けたりもしますが、収穫がない場合もしょっちゅうだから、接待費がばかになりません(笑)。

 −−地元の場合は、それが起こった場所を通ることもあるわけですね。

 福澤 心霊現象が起こった店で飲んでいることもあります(笑)。でも商売柄、怖がっていられませんし、取材した話を鵜呑みにしているわけではないです。超自然的な現象に対するスタンスは中立なので、肯定も否定もしません。取材させていただいた方の意見は尊重しますが、あくまで聞き書きであって、真偽を検証する対象ではありませんから。ただ取材を続けていると、本当に奇妙な話に遭遇することがあります。そういう話を聞いたときは、やっぱり怖いですね。

 −−文章にする際に気を付けている点はありますか?

 福澤 必要以上に怖がらせないことでしょうか。感嘆符は使わず「ギャーッ」というような擬音も最低限に抑えています。心霊的な何かが出現する場面も淡々とした描写なので、物足りないという読者もいますが、僕自身が煽られると興ざめするたちなので…。そういう意味では大人向けかもしれませんけど、本当は小、中学生に読んでほしいですね。できればトラウマになっていただくと、思いやりのある大人に成長するんじゃないかと(笑)。
(聞き手:本多カツヒロ)

福澤徹三(ふくざわ てつぞう)
 1962年、福岡県生まれ。デザイナー、コピーライター、専門学校講師を経て作家活動へ。『すじぼり』(角川文庫)で第10回大藪春彦賞受賞。

あわせて読みたい

週刊実話の記事をもっと見る 2014年9月3日の芸能総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら