隠密キャッチ 女優北川景子とTBS安住紳一郎の危険な密会事情(2)

 ところが、安住アナに対するラブ攻勢はその後、ピタリと止んでしまう。
 「事務所からこっぴどく叱られたそうです。その一方で、当時付き合っていた山下にも配慮し、ブログで安住アナについて書くのを止めてしまった」(業界関係者)

 しかし、そこは魔性の女。簡単に引き下がるわけがない。水面下で、ちゃっかり北川のアプローチは続いていたという。
 「何でも北川は、安住アナを知れば知るほど興味を持ったらしい。周りにいないタイプだったんです。あの生真面目さがツボに入ったようだ」(前出・同)

 もっとも、当の安住アナは警戒し、最初は逃げ回ってばかりいたようだ。
 「実は、安住が2人きりで会ったのは、昨年末が初めてらしい。知り合ってから1年近くが経過している。2人のツーショット現場が幾度か目撃されるようになったのは、今年になってから。某編集部でも『2人のラブラブ・ツーショットを撮ったら金一封を出す』と気合いを入れている。東日本大震災の影響で張り込みが出来ないだけ。2人がいい関係になっているのは間違いない」(写真誌記者)

 2人の交際説の裏には、安住アナの独立問題も深く絡んでいる。老舗芸能プロ幹部が解説する。
 「元日本テレビの羽鳥慎一が独立したいま、最後の大物アナがTBSの安住。実は、安住を巡っては既に多くの芸能プロが争奪戦を繰り広げている。人気の局アナは金の卵。大した投資もせずに莫大なギャラが約束される。北川の事務所関係者が交際を暗に認めたのは、“安住獲り”の思惑が絡んでいるのかもしれない」

 もっとも、こんな安住アナに対し警告を発するのは、やり手との評判を取る某ドラマプロデューサー。
 「北川が“魔性の女”と呼ばれているのは、ただモテるだけではない。付き合った男性は全員、骨抜きにされてしまう。立ち直るのにかなりの時間を要するんです。過去にになった若手俳優の中には、再起不能になった者がいるそうだ」

 現に北川に振り回され続けたのが“元カレ”で知られる前述の山下だ。
 「暫くは女性不信になり、男友達と遊んでばかりいた。女優とラブシーンが出来ないほどだった。最近、白人女性と熱愛が報じられたのも、北川のことが尾を引いているからでしょう」(芸能ライター・蝦名泰雄氏)

 映画『パラダイス・キス』で共演した向井も北川ショックを引きずる一人。
 「本作中で北川とのディープキスがあるんですが、以来、向井は彼女の虜になってしまった。しかし、北川は撮影が終わると何事も無かったようにソッポを向いてしまう。一時期、仕事も手に付かないほど落ち込んでいた」(事情通)

 危険な情事にハマった安住アナ。再起不能の痛手を被らないことを祈るばかり。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 北川景子 DAIGO
  2. 北川景子 ドラマ
  3. 北川景子 バライティ番組
週刊実話の記事をもっと見る 2011年4月22日の芸能総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

「北川景子 + DAIGO」のおすすめ記事

「北川景子 + DAIGO」のおすすめ記事をもっと見る

「北川景子 + ドラマ」のおすすめ記事

「北川景子 + ドラマ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「堀北真希」のニュース

次に読みたい関連記事「堀北真希」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。