東日本大震災 勃ちあがれ! オール風俗(2)

 旅行業界の美女たちが仕事減で裏風俗に大量入店する一方、以前から風俗業界に従事していた女の子たちにも変化が起こっている。
 新宿にあるデリヘルの店長の話。
 「東北出身の女の子たちの出勤率が高くなったんです。これまで月に1〜2回程度しか働きにこなかった子が、生理の日以外はほとんど出てくるようになりました」

 理由は言うまでもない。彼女たちの大半は、実家がなんらかの形で被災しているのだ。
 同店で働く女子大生の佳奈ちゃん(21)もその一人で、出身は宮城県の石巻市。
 「うちは両親も親戚も無事だったけど、家が津波で流されてしまったんです。親も“これからどうすればいいのか”って苦しんでいて…。だから、少しでも私が稼いで助けてあげたい。もちろん、仕事の内容は言えないけど…」

 つまり、復興のために風俗のバイト代を仕送りしようと思い立ったのだ。
 被災はしなくても風俗で稼いだ金をほぼ全額、寄付している子も少なくない。
 「私は岩手の釜石市なんですよ。海沿いは津波の被害があったけど、幸い私の家は高台だったんで大丈夫でした。そうはいっても、テレビで変わり果てた地元の姿を見たら、いてもたってもいられなくて。まだ10万円ちょっとだけど、義援金として送っています」

 と言うのは、五反田のSMクラブで働く香織ちゃん(23)。思わず泣けてくる話ではあるが、一方で奮闘する被災地出身娘を狙う悪辣な客もいるという。
 「客の間でもこうした話は広まっていて、“東北出身の女の子は本番交渉に乗りやすい”といわれているんです。確かに彼女たちのなかには両親も失って、生涯孤独の身になった子もいます。将来への不安からいまのうちに稼ごうと考えていますから、そうした交渉にも乗ると考えているようです」(風俗記者)

 さらには、こんな話もある。渋谷のギャル系デリヘルで働く真央ちゃん(21)は福島県出身なのだが…。
 「お客さんに『うち、福島なんですよ』と言ったら、『いつからこっちに出てきたんだ?』と聞いてくるんです。震災後に来ているのなら、放射能がついているんじゃないかと思われるみたいで…。哀しくなるし、憤りも覚えます」

 実に許されざる差別。風俗嬢と客という関係といえど、今は彼女たちを真摯に応援し、元気づける時なのではないだろうか。

あわせて読みたい

週刊実話の記事をもっと見る 2011年4月23日のライフスタイル記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。