プライド捨てたキリンビール提携“裏”

 キリンビールが、インターナショナル・ビア・コンペティション8年連続金賞など世界絶賛のビール『よなよなエール』の製造元ヤッホー・ブルーイングと資本業務提携し、株式の33.4%を取得した。全国区のブランドを誇るキリンと、地産地消のイメージが強いクラフトビール(地ビール)のタッグは極めて異例。一体、両社提携の裏に何があったのか。

 証券アナリストは「ここにきて大手の中でもジリ貧が際立つキリンの焦りはハンパじゃない。だからこそプライドをかなぐり捨て、ヤッホーとの提携にかじを切った」と指摘する。
 ヤッホー関係者によると、同社は大手各社に提携を持ち掛けた。その際「パクッと飛びつき、トントン拍子で話がまとまったのがキリンだった」という。これには伏線がある。

 今年の7月、キリンは来年春からクラフトビール事業に参入すると発表した。醸造所を併設した飲食店を東京の代官山と横浜工場に開店し、若者らの需要を喚起することで、東京五輪が開催される2020年には売上高200億円を目指す計画。その狙いは「多彩なビール投入による市場の活性化」(磯崎功典社長)だ。
 要するに伝統的なビールでは市場が開けない、だからさまざまな味わいが楽しめるクラフトビールに参入し、ライバルを一気に出し抜く作戦である。そこへヤッホーから思いがけない商談がきたというわけだ。
 「クラフトビールの知名度が全国区になり、市場拡大に直結すればキリンはやっとジリ貧地獄から脱却できる。磯崎社長の口が滑らかになるのも無理はありません」(前出アナリスト)

 ビール業界には“ゾロゾロ品”ですぐに他社が追随する伝統がある。そのデンで行けば、キリンの新戦略も怪しい限りだが…。

あわせて読みたい

週刊実話の記事をもっと見る 2014年10月23日の社会記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。