隠ぺい体質の極み原発事故レベル7でも「検討中」だった東京電力の役員報酬カット(2)

 東電関係者がこう話す。
 「大卒なら40代で1200万円。50代管理職で1500万円に達し、退職時にはこのクラスで、5000万円+αの退職金が貰える。企業年金も潤沢で、退職後には30〜40万円の金が入るため、退職金に手を付けずに悠々自適に暮らすことができるのです」

 また、同社では社内結婚する者が多く、結婚後も女性が勤務し続ける率が高いという。そのため、夫婦で年収2000万円近く稼ぐ者がザラ。縁故採用の多さから、中には一族郎党が東電で働いているという者もいるほどなのだ。
 だが、さらにその高給ぶりを伝えるのは別の社員である。
 「実は東電には、電気の検診を行う関連部門があり、各家庭に検診に訪れる主婦の年収も400万円前後なのです。要は、東電はお役所体質の給与体系をしているというわけです」

 これを聞いただけでも、東電関係者の高給ぶりが分かろうと言うものだが、同社社員の高待遇は福利厚生にも及んでいる。その最たるものが、社宅と保養所の充実ぶりなのだ。
 同社は、12都道府県に21の社宅と保養施設を擁し、461カ所に及ぶ独身寮を持っている。この総資産額は一説には「1000億円に達する」とも言われるが、これらを破格の値段で社員に提供しているのである。

 前出の関連会社の社員がその実情をこう語る。
 「社宅は普通に借りれば10数万円するものが数千円。独身寮なら2000〜3000円で借りられる。そのため、これら借り上げ寮に住み30代で2000万円以上の貯金をしている者も少なくないのです」

 また、保養施設にしても同社の社員は驚くほどの優遇ぶりを受けている。東電は、鎌倉や熱海、鬼怒川などにも保養施設を持っているが、一般客が1泊2食付きで1万2000円〜1万3000円支払うところを、5000円前後の料金で宿泊しているのだ。
 ちなみに、これら施設の中で最も豪華さを誇るのは、新潟県十日町にある『当間高原リゾートホテル ベルナティオ』という施設だ。

 同施設はバブル期に造られたもので、敷地の広さはなんと東京ディズニーランドの10倍の510ヘクタール。そこに400億円以上の金額を投じて、一大リゾート施設を建設したのである。
 「『ベルナティオ』は、520人収容のホテルとゴルフ場、温泉や森、コテージが完備の宿泊施設。一般客は1泊2食付きで1万6000円だが、これを東電社員らは4200円で宿泊しているのです」(前出・東電関係者)

 まさに、致れり尽くせり。こうしたためか原発事故後には、思わぬ騒動も持ち上がっている。語るのは、前出の経済部記者だ。
 「実は、原発事故後に入社式が行われたが、辞退したのは内定者335人中たった1人だったのです。東電は巷間『破綻する』とか、『国有化される』とも言われるが、国のカネで再生していくことは明らか。新卒者たちはその行方を、ちゃんと見定めているのです」

 この高待遇ぶりに、被災者たちの怒りが爆発することは必至。東電は今こそ襟を正すべきなのだ。

あわせて読みたい

気になるキーワード

週刊実話の記事をもっと見る 2011年4月30日の社会記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。