関東圏の低視聴率連発でプロ野球日本シリーズ放送危機

 テレビ界がまさかの事態に騒然となっている。
 「今後、巨人が出場しない日本シリーズは関東ローカルで放映できなくなるかもしれない…」と真顔で語るのは、某民放キー局のスポーツ番組プロデューサー。

 プロ野球日本シリーズは、福岡ソフトバンクホークスが阪神タイガースを4勝1敗で破り、3年ぶりの日本一に輝いた。ところが問題となったのは関東圏の視聴率。昨年は巨人対楽天のカードで高視聴率を連発したものの、今年は関東圏は低視聴率を連発したのだ。
 「第1戦(10月25日・テレ朝)は11.8%、第2戦(26日・TBS)は10.2%、第3戦(28日・テレ朝)8.3%、第4戦(29日・フジ)8.4%、第5戦(30日・TBS)関東10.3%で、なんと平均視聴率は9.8%。ちなみに巨人が出場した昨年は22.6%、'12年は18.1%だった」(事情通)

 当然、この低視聴率はスポンサーの広告出稿料に大きく跳ね返ってくる。
 「今回のシリーズで民放各局が機構サイドに支払った放映権料は、一試合あたり約1億5000万円~。これに番組制作費が一試合当たり2000万円前後かかる。つまりは、視聴率15%以上で初めて儲けが出る厳しいビジネスプラン。ただ、これまで巨人が出場すればどうにか成り立ってきたんです。当然、巨人が出ない日本シリーズを中継しなくなります」(関係者)

 一方で、関東圏と比べ常に視聴率20%超えを達成した関西や北部九州圏は、お祭り騒ぎだったという。
 「想定以上の高視聴率に、関係者は喜んでいます。ただし、はやり関東圏がシングルだと利益幅は大幅に下落してしまう。関東圏も高視聴率を取れれば誰もがハッピーなのですが…」(関係者)

 今も昔も野球は巨人頼みなのだ。

あわせて読みたい

週刊実話の記事をもっと見る 2014年11月25日のスポーツ総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら