高身長女子アナが縦にも横にも巨大化 大食らいキャラでマニア受け狙いか

 TBSのでかい女子アナ、林みなほアナ(25)の巨大化が止まらない。
 2012年入社の林アナは身長170センチで、高校時代にチアダンス、大学時代にゴルフ部に所属し、鍛え抜かれたスレンダーボディーだった。しかし、最近はどんどんと肥大化。いまや、『みなほ』ではなく、胴体がビア樽のようだということから『たるほ』というあだ名がつくほど、二重アゴやおなかが目立つようになってしまった。
 「根っからの大食いで、社員食堂でも『ダイエットのために納豆そばを食べるんです』と言ってる割には、大盛や特盛を注文している。そりゃあ、太りますよ。そもそも入社当時にスレンダーだったのは、入社試験時に10キロものダイエットをしていたから。入社したあとに元に戻っただけの話なんですよ。社内では『林は詐欺』との声も出ています」(TBS関係者)

 ぽっちゃり系が好きな女子アナウォッチャーたちも「さすがにちょっとはダイエットしてくれ」と悲鳴を上げている。だが、林アナ本人はお構いなしだ。
 「これまでラジオ中心だったのが、4月から朝の情報バラエティー『白熱ライブ ビビット』の食レポ担当。しかも、元高見盛の振分親方と一緒です。太るのが止まらないなら、日テレ水卜麻美アナのように、“大食い女子アナ”として売り出そうということになったのでしょう。もともと太りやすい体質で、すぐにむちむち。入社時にFカップだった胸は、Gカップへと成長してます。一部では『バスト100センチを超えたんじゃないか?』と言われています」(同関係者)

 バスト100センチ疑惑とは尋常ではないが、それは身長が170センチを超えているため。体全体の体積がでかいのだ。
 「しかも、いまだに身長は伸びているらしく、現在は172センチという話もあります」(同)

 それにしてもTBSには高身長アナが多い。小倉弘子アナは174センチ、青木裕子元TBSアナは173センチ、小島慶子元TBSアナは172センチ、小川知子アナは170センチ、そして林アナが自称170センチ。TBSは高身長女子アナのトップクラスをほぼ独占している。
 ちなみに高身長アナのナンバーワンはフジテレビの森本さやかアナで177センチだが、その下にはTBS系がずらりだ。
 「TBSは昔から『報道のTBS』のプライドで、女子アナの声質もこだわるんです。必ずラジオのレギュラーを持たせますし、ナレーターやニュース読みを最優先させます。見た目がアイドル系の女子アナよりも、とにかく声質重視。そうすると、落ち着いた声質の女子アナが揃う。人体工学上、身長が高いと低い声、つまり落ち着いた声になりがちなのだそうです。だから、高身長の女子アナが増えるというわけです」(ラジオ広告代理店関係者)

 その高身長のアナの一人が林アナ。しかも、170センチオーバーで大食いとなると、とてつもない巨体だ。
 「世の中には『GTSフェチ』というジャンルがあるんです。ジャイアンテスフェチ、つまり、巨大な女性フェチがいるんです。大きな女性にプチッと踏み潰されることを妄想して、性的興奮を味わうタイプです。林アナはそんなフェチたちの間の救世主なんです」(女子アナウォッチャー)

 身長が高くて太い体。かつては敬遠されがちだったが、男性の草食化もあいまって需要が増えているのかもしれない。

あわせて読みたい

週刊実話の記事をもっと見る 2015年4月29日の芸能総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。