マニラ邦人殺害事件に見るフィリピン人の“日本人感”

 5月17日、フィリピンの首都マニラのマラテにある高級マンション26階に滞在中の山口県下関出身の28歳の青年、高杉智之さんが、首を刺されて殺されているのを知人が発見した。マニラ警察はマンションのエレベーターや同階に設置の防犯カメラの映像内容と、高杉さんの部屋から現金80万ペソ(約220万円)がなくなっていることから、高杉さんの職場の同僚のフィリピン人男性(45)を容疑者として行方を追っている。

 「高杉さんは同じマンションの地下1階に今年3月に開店したカラオケクラブ『華音(カノン)』で会計担当として働いていた。日本国内のキャバクラ店経営者からの依頼で出張していたようです」(現地特派記者)
 フィリピン在住日本人の間で『華音』は、「フィリピン人女性約30人がいるが、急きょ集めたような顔ぶれ。ステージは広いが、ショータイムの踊りは下手、女性の態度も悪く料金も高い」と、人気はいまいちだったようだ。

 高杉さんは若いだけに容疑者の従業員から「定期的に知人の女性を紹介されていたようで、殺害の1時間半前にも女性と一緒の様子が監視カメラに残っていた」(捜査関係者)と、身辺に女性の影がちらついている。そのため、女性の誰かが現金の存在を容疑者に知らせた可能性もあり、警察は怨恨や痴情の側面からも捜査をしているという。

 フィリピンでは、昔は保険金目的の殺人、最近は金銭目的で在留者や旅行者が殺害される事件が多い。それには、地元民の日本人に対するこんな感情が見え隠れする。
 「歌手やダンサー、売春目的などで日本に行った経験があり、片言以上の日本語を話すフィリピン人も夜の世界、裏の世界には多い。また、太平洋戦争中に受けた甚大な人的被害などから“チヤホヤして持ち上げはするが、決して尊敬はしない”という複雑な心理も潜んでいます」(前出・記者)

 フィリピンはまさに魔境。

あわせて読みたい

気になるキーワード

週刊実話の記事をもっと見る 2015年6月12日の社会記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら