記録達成の露出増が目的? 中日が超ベテラン選手たちで戦い続ける理由

 中日の和田一浩外野手(42)が6月11日の対千葉ロッテ戦で通算2000安打を達成した。大学、社会人野球を経ての大台突破はプロ野球史上3人目、42歳11カ月での達成は最年長記録になった。
 「敵陣営のスタンドからも拍手が贈られました」(スポーツ紙記者)

 これが、中日経営陣の求めていた光景でもあった。苦労人のベテランが長い歳月を掛けて大記録を達成する。その姿にファンが共鳴し、観客増員へと繋がっていく…。
 「次の目玉は、山本昌ですよ。49歳、50歳での先発勝利となればギネス級です。昨年オフの時点で、山本のもとには海外メディアからの取材も殺到していました」(中京地区在住記者)

 いまさらだが、中日には“レジェンド”が多い。いや、多すぎる。和田、山本昌のほかにも、川上憲伸(40)、岩瀬仁紀(41)、荒木雅博(38)、森野将彦(37)、小笠原道大(42)といったところが在籍している(年齢は今季誕生日のもの)。谷繁元信兼任監督も今年45歳になるが、現役引退説は否定している。チーム関係者によれば、契約更改の席で「本人から引退を言い出さない限り、契約続行です。もっとも、落合(博満=62)GMは容赦なく減俸提示しますが」とのこと。一方で、2014年オフには15名の中堅や若手選手が戦力外になっている。
 「全ては落合GMの考え方次第。可能性がないと見た中堅、若手は容赦なく切り捨てますし、練習をしない選手は大嫌い。レギュラーになるまで苦労しても、長くレギュラーポジションを確保できる選手になれとも考えています」(球界関係者)

 その通りだとすれば、中日の世代交代がなかなか進まなかった理由はベテランを脅かせなかった中堅、若手にも責任があるというわけだ。
 「大袈裟な話ではなく、中日のベテランは目の下にクマを作って球場入りします。『疲れた、ダメだ』を連呼していますが、練習をしながら精気を取り戻していく。生き残ったベテランたちは『疲れた』とは言うものの、球場入りする時間も早いし、岩瀬や山本昌は一年中練習しているんじゃないかな」(前出チーム関係者)

 生き残ったベテランたちはもっと評価されてもいいのではないだろうか。彼らの姿は共感を呼ぶ。2000安打を達成した和田にしても、西武時代にレギュラーポジションを獲ったのは30歳になってからだった。
 しかし、ベテランの頑張りが観客動員数のアップに直結するかといえば、必ずしもそうではない。昨季は200万912人を動員したが(主催ゲーム)、主催最終戦でやっと200万人を突破したのが実情だ。ベテランが健在なだけでは人気に繋がらない。しかし、そのベテランが記録を達成すれば、箔付けがされる。マスコミへの露出度も増え、経営陣も「球団の宣伝になれば」と考え方を変えてきた。ベテランたちは練習熱心さが評価されて契約更改となった部分もあるが、今季は和田の2000安打、谷繁兼任監督の最多出場記録、山本昌のギネス挑戦が掛かっていた。こうした状況が他のベテランの残留にも繋がったのだろう。
 しかし、この先の何年もベテランたちがチームで成績を残せるわけではない。戦力、経営ともに、ベテランに頼りきった状況を打破する若手が現れなければ、中日のペナントレース後半戦はつまらないものになってしまいそうだ。

あわせて読みたい

週刊実話の記事をもっと見る 2015年6月25日のスポーツ総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら