福原ソープランド17年ぶり摘発にチラつく 2012年大河「平清盛」の観光誘致

 6月21日、神戸は福原のソープランド『エスプーマ』の経営者ら4人が、売春防止法違反の疑いで逮捕された。しかし、関西では京都の雄琴と並ぶ有名ソープ街の福原で、この手の摘発事件が起きたのは17年ぶりのこと。そのため同業者の間では、戸惑いと同時に様々な憶測が流れている。
 「同店は“値段の割に若いコが揃っている”と評判の中級店でした。今年4月に、男性従業員が私服警察官を客引きし、風営適正化法違反容疑で逮捕されています。今回は、その後の取り調べや情報提供により“売春防止法違反の疑いが強まった”というもの。しかし福原では、『その経緯自体が信じられない』という声が多いのです」(社会部記者)

 “本音と建て前”の使い分けが、暗黙の了解としてまかり通っている地区だけに、「暴力団への見せしめか」「最近増えてきた店の譲渡をめぐるトラブルに、県警が目をつけたのか」など、様々な情報が飛び交っている。そんな中、まことしやかに広がっているのが、来年のNHK大河ドラマ『平清盛』に向けての浄化作戦という見方だ。
 今でこそソープ街の代名詞のように言われている福原。しかし歴史を紐解けば、平清盛が安徳天皇を奉じて都を置いた由緒ある街だ。地元の中学教師はこう話す。
 「私たちは福原の歴史に誇りを持っています。なのに、風俗のイメージばかりが誇張されてしまう。来年の大河ドラマは、イメージチェンジの絶好のチャンスなんです」

 確かに来年、『平清盛』が始まれば、主要な舞台の一つである福原周辺は史跡巡りのコースに組み込まれ、多くの観光客で賑わうことは間違いない。
 「そこで、福原に観光客を呼びたい神戸市の観光関係セクションが警察を巻き込んで警鐘を鳴らした、という説は、十分説得力があるわけです」(市政記者)

 対し、神戸市側も風俗対策に関して「実は懸案事項の一つです」(交通局)と微妙な言い回しをする。もし大河ドラマ説が事実とすれば、今回の摘発は一斉浄化のきっかけともとれる。
 福原の某ソープ店経営者は嘆く。
 「まさかとは思うけど、よく考えたらユニバーシアード('85年)の前もそうだった。警察にしてみたら絶好のチャンスやもんな。来年1年が思いやられるわ…」

 約830年の時を経て、平清盛のご威光はどこまでこの街に影響を与えるのか?

あわせて読みたい

気になるキーワード

週刊実話の記事をもっと見る 2011年7月12日の社会記事

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「監禁」のニュース

次に読みたい関連記事「監禁」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ひき逃げ」のニュース

次に読みたい関連記事「ひき逃げ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。