お尻に火がついた元視聴率女王が“エロス営業”

 俳優・反町隆史夫人にして女優の松嶋菜々子(37)は“超プライドの高い女”として数々の伝説を残してきた。
 「ロケ先で休憩中、サインを求めて来たファンを一切無視。付き人を手招きして『あんたが止めなきゃダメじゃないの、バーカ』と言ったとか、飛行機のファーストクラスでドタバタする子供たちをにらみつけたあげく、スチュワーデスを呼びつけ『子供はファーストに乗せちゃダメっ』と言ったとか、枚挙にいとまがありません。自分を本気で“大物女優”と思い込んでいるんです」(芸能記者)

 それでも、神奈川・相模女子大高等部3年の時、旭化成の『1992年水着キャンペーンガール』をゲットして人気者の仲間入りをした際には、こんなことも。
 「『とんねるず』がメーンのバラエティー番組に出演。カメラの方にお尻を向けてクネクネ動かしたり、セクシーポーズを命じられたりと、かなりいじられていました。彼女にとっては、消したい過去の一つです」(テレビ局スタッフ)

 しかし、'96年NHK朝の連続テレビ小説『ひまわり』のヒロインに抜擢されると、そんな経歴はどこかへ吹き飛び、'00年に放送された“月9ドラマ”『やまとなでしこ』(フジテレビ)で視聴率30%超えを実現。以後“視聴率女王”と呼ばれるようになった。
 「『ひまわり』では上川隆也と、映画『リング』('98年)では真田広之との交際が話題になりましたが、'01年、連ドラ『GTO』(フジテレビ)で共演した反町と半同棲の末に電撃結婚しました。当初から収入は雲泥の差で、完全に“カカア天下”でした」(テレビ局関係者)

 その後、松嶋は'04年に長女、'07年に二女を出産したが、このあたりから雲行きが怪しくなってきた。
 「産休期間もあって、ドラマの現場からお呼びがかからなくなってしまったのです。最近は同じ事務所で“売れっ子”の井上真央とのバーターでドラマ出演の打診がある程度です。でも最大の理由は、松嶋の“選び過ぎ”にあるといわれています。キャスティングに注文をつけたり、台本にダメ出ししたりと、とにかく高ビーでうるさいようです。これでは仕事がなくなっても仕方がありません」(ドラマ制作関係者)

 本人もそんな状況に気がついたのか、ここにきて始めたのが“営業”だという。
 「さすがに“枕”ではないようですが、旧知のテレビプロデューサーに自ら電話をかけ、人妻らしいハナにかかったエロボイスで営業しているようです。でも、全盛期のギャラを要求するので、各局腰が引けている。制作費削減が至上命令の今、彼女を使うテレビ局はないでしょう」(芸能記者)

 '96年からイメージキャラクターを務めてきた住友生命のCMもこの春で終わってしまった。
 「松嶋の“最後の頼みの綱”だったんですけどね。北川景子と『』の相葉雅紀に取って代わられました」(広告代理店関係者)

 そこで、時間もあることだし“3人目の子作り”へと思いきや…。
 「先月終了した反町主演のドラマ『グッドライフ』(フジテレビ)は、視聴率が一度も2ケタに乗りませんでした。プライドの高い松嶋が体を開くわけがありません」(芸能記者)

 ここでも“枕”は使わない!?

あわせて読みたい

気になるキーワード

週刊実話の記事をもっと見る 2011年7月27日の芸能総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「視聴率」のニュース

次に読みたい関連記事「視聴率」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「テレビ朝日」のニュース

次に読みたい関連記事「テレビ朝日」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。