詩織さん「元TBS記者の準強姦疑惑」はまだ終結ではない。検察審査会の「不起訴相当」が民事で覆る可能性

 「週刊新潮」(新潮社)がかねがね報じている、元TBS記者でジャーナリストの山口敬之氏による準強姦疑惑。被害に遭ったという女性・詩織さん(28・苗字は家族の意向により非公表)が検察審査会に審査を申し立てていたが、9月22日、「不起訴相当」の議決が公表された(議決は21日付)。

 2015年4月、東京・恵比寿で山口氏と会食した際に記憶をなくし、気づけばホテルの部屋で仰向け状態となり、コンドームをつけていない状態の山口氏が跨っていた……という詩織さんの告発記事が「新潮」に掲載されたのは今年5月。記事には、2015年4月30日には高輪署に告発状が受理され、捜査が行われていたが結果「上からの指示で逮捕できなかった」と捜査員から連絡を受けたとある。その後山口氏は書類送検されたが、嫌疑不十分のために不起訴処分になっている。今回、これを不服として詩織さんが検察審査会に審査を申し立てていた。

 山口氏は弁護士を通じて「私を犯罪者と断定するような報道がされ、名誉は著しく傷つけられた。一連の経過で犯罪行為を認定されたことは一度もなく、不起訴が確定したことで完全に終結した」などコメント。詩織さんは「結果を知り驚きました。『不起訴処分を覆すに足る事由がない』と判断されたことについて、なぜそうなったのか、しっかり説明していただきたかったです」とコメントした。検察審査会は今回の不起訴相当の議決理由について、詩織さんがコメントするように「記録及び資料を精査し、慎重に審査したが、検察官がした不起訴処分の制定を覆すに足りる事由がない」とだけ発表している。

 さてこれで一件落着、とは当然なるはずもなく、この不起訴相当の議決を受け、再び報道は加熱した。「新潮」の第一報からすでに“安倍官邸御用達ジャーナリスト”とも言われる山口氏に対する当時の警視庁刑事部長・中村格氏による“忖度”があったのではないかという疑惑が取りざたされており、この議決もそうした“忖度”や“圧力”があったのではないかと報じるメディアもある。

 10月5日号の「新潮」にも、検察審査会での議決に際して怪しい点があったと報じている。詩織さんの代理人弁護士のコメントとして、今年7月、第6審査会の事務局長から追加の証拠の提出時期を確認され、“証拠を追加のうえでの議決を希望されますよね?”と聞かれ“こちらにも都合がありまして”など、「あたかも、証拠がぜんぶ揃っていないのに判決を下していいですかと裁判官が聞くような行状」(記事本文より)があったのだという。

 加えて、審査に関しては審査員が望めば補助役の弁護士をつけることもできるが、この件に関してはついていなかった。検察官とは異なる立場の法律家の意見を聞くという状況にはなかったと記事にはある。

 だが実際には、検察審査会が「起訴相当」と議決を下すことは稀である。裁判所ホームページによると平成28年の検察審査会の受理件数は2190件。起訴相当という議決が下された件数は3件。不起訴相当は2023件。この件に関して何らかの圧力が働いたと見るには難しい現状がある。それでもやはり「新潮」の第一報が確かなら、捜査の時点から山口氏への“忖度”があったことになり、それゆえ、この議決は終わりではなく新たなステージの始まりと見るものも多いのだろう。

 詩織さんももとよりそのつもりだ。「新潮」(10月5日号)には彼女のインタビューも掲載されており、そこでは「民事で闘う」と、幕引きを図るつもりは毛頭ないことを宣言している。またそのために証拠を揃えることができるともある。特に、事件の舞台とされるホテルの防犯カメラ画像は現在入手できていないが、民事で争うことが決まれば提出が可能だと約束されていると明かしている。


当時の記事を読む

wezzyの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「詩織さん「元TBS記者の準強姦疑惑」はまだ終結ではない。検察審査会の「不起訴相当」が民事で覆る可能性」の みんなの反応 5
  • 匿名さん 通報

    山口敬之、刑務所へ行け。それとも臭い棒を切り取って裁判所に提出しろや。

    0
  • 匿名さん 通報

    頑張って下さい!

    0
  • 匿名さん 通報

    私も詩織さんのファンです

    0
この記事にコメントする

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年9月30日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。