婚活女性「罰ゲームのような条件を飲んでまで結婚はしたくない」 結婚の夢と現実

婚活女性「罰ゲームのような条件を飲んでまで結婚はしたくない」 結婚の夢と現実

 小町に書き込まれる婚活にまつわるトピでは、「夢を見てばかりの女性がなかなか理想の男性に巡り会えない」パターンが鉄板で白熱するが、このたび、婚活女性側から「夢ばかり見ているのは男性のほうだ」というトピがブチ上げられた。トピ主が出会った婚活男性たちはどんな夢を見ているのか、彼女の言い分を聞いてみよう。

婚活で会う男性が夢しか見ていない(愚痴)

 トピ主(36歳女性・会社員)は、ゆるく婚活中。トピ主は年収600万円で、これまで相談所で紹介された相手は42歳から54歳までの男性で年収400~700万円が多かった。お互いの勤務地が遠い(電車で2時間前後)場合に、相手と結婚後の生活の話をすると、たいてい同じ流れになるのだという。

トピ主「結婚後も同じ仕事を続けたい」(これはトピ主の第1条件)
男性「良いと思う。自分一人の稼ぎだと心許ないし、何かあった時に困るから」

トピ主「子どもは欲しいですか」
男性「是非欲しい」

トピ主「共働きで子どももいたら、家事育児は分担しないといけませんね」
男性「そうだね。自分は残業が多いから、出来る限り手伝うよ」

トピ主「だったら、私の職場の近くに住んでくれますか?」
男性「え?」

トピ主「だって仕事が忙しくて『手伝い』しか出来ないんですよね? あなたの職場近くに住んだら、私は毎日2時間近くかけて通勤して、更に家事育児の大半をやるってことですか?」
男性「いやでも…お互いの中間地点とかは?」

トピ主「じゃあその分、『手伝い』じゃなくてちゃんと分担してくれます? それか手が回らない部分はお金払って外注します? もしくはとりあえず子どもができるまでは週末婚とか」
男性、黙り込む

「双方共働き希望なのに、家事育児は『手伝い』程度で、更に自分の勤務地から近いところに住める、と何の疑いも持っていないことにうんざりしてしまって…。

そもそも、私よりだいぶ年上、でも年収は下という男性がなぜ『共働きだけど、家事育児は奥さんがメイン。自分は手伝うだけ』と思えるのでしょうか。(だから今まで独身なんだと思いますが)

親のすすめもあって婚活はしていますが、正直そこまで結婚願望もないし、子どももいてもいなくても、という感じです。なので上記のような方はお断りしますが、こういった男性が思っていた以上に多くてビックリしました」

 という愚痴トピだ。確かにこの男性たちは、妻が仕事を続けることのメリットを得たくて、しかも子供は「ぜひ欲しい」と言っているのに、家事育児は「できる限り手伝う」と、完全に女性の仕事だと考えているフシがうかがえる。トピ主は「ゆるく婚活中」というが、結婚願望よりも仕事を続けたい願望の方が強そうだ。なのでより一層、婚活市場での男性の勝手な言い分が耳障りなのだろう。

 トピには「エール」投票が4000以上もついている。これは結構意外だった。発言小町という場所は女性の古い価値観が強く残る場所だからだ。「男性に合わせろ」などという意見を持つユーザーも多いはず。しかし、一方で発言小町という場所は男性並みに年収が高い女性トピ主の意見に関しては賛同する傾向も見られるので、そのせいだろうか。

 ただコメントには賛同する意見ばかりではなく、それよりも多いのは“その世代の男性なら仕方ない”というあきらめだった。

「あなたのおっしゃるとおり。40代50代で今まで結婚したいと思ってくれる女性がいなかったその年齢ですからね、年収がいまひとつで更に家事はできないタイプが多いんじゃないでしょうか」

「40代の男性の親は昭和20年代の生まれでしょう。当時は夫婦共働きという概念はなかったので、専業主婦で頑張ってきた母親が多いのは当たり前です。

そのような母親を見て育った男性が、家事は妻がやるものと思うのも当たり前のことです。

共働きでありながら家事を分担するという認識がないのは仕方がないことなのです。

小学校の授業で教えることも必要だと思っています」

「私と同世代の男性の多くは、共働きでも家事は女性がするものと当然のように思ってますよ。育った環境がそうでしたからね。そういう独身男性は、専業主婦希望だけれど、パート等で家計を助けてくれる女性を望んでいるのでは? トピ主さんとマッチングが上手くいってないと思います。ゴミを捨てにいくだけで家事を手伝ったつもりの方もいますからね」

 また、婚活市場において女性は年齢が最重要項目であって、そのためトピ主はその市場においてさほど魅力ある女性とは見られていないのではという意見もあった。なかなか勉強になる。

「今ってやっぱり、ある程度以上の年齢だと、結婚したいと思ってるのは女性のほうが多いんですよ。だから、男性はちょっとくらい条件が悪くても、それなりに引く手はあるという状況です。

トピ主さんのおっしゃる男性なら、条件的には悪いというほどではないので、やっぱり意識的には『いきおくれの女性で我慢してもいい』という感じなのではないでしょうか。

だから、自分は今のまま、家事が面倒なのでそれができる人に来てほしい、ということになるのでしょう」

 そして小町っぽく、そんな男性たちの意識を変えさせろというものも。

「あなたが結婚したいと思わせる、人となり、環境にあるなら、男性の方から近居に引越したいと言われると思いますので、まずは惚れさせてください。

余計なお世話になりますが、ゆるく婚活というのはやめたほうがいいと思います。女性も男性もたくさん参加しているものなので、成婚できません。次に会う人と多少の難アリでも絶対結婚するんだと思っていても、できないのが婚活です」

 そもそもトピ主はなぜ「ゆるく」婚活なのだろうか。見るからに、家庭より仕事タイプなのでわざわざ婚活する必要がなさそうにも思うのだが……その辺の事情がトピ主レスに書き込まれた。

「私がお会いして割合すぐ(3回目くらいまで)にそういったことを聞くのは、紹介して下さる仲人さんからのアドバイスがあるためです。

以前、そういったことをほとんど明確にしないまま交際を続け、いざ結婚に向けて具体的な話を…となったら

・家事は手伝えるときだけ手伝う
・勤務地が遠くなるのはイヤ
・外注などにお金をかけるのもダメ
・共働きは必須
・子どもも欲しい

と言われ、話し合いにもならず(否定するのに代替案が出てこない)、こちらからお断りしたことがあったからだと思います。(私が今の仕事を続けたいということは一番はじめから伝えていました)

しかもお断りしたら「自分の事が好きじゃないのか!」等々ゴネて、最終的に弁護士を入れて別れました。(7歳年上、年収は私より少し下でした)

そいったことがあったせいか、『早めに結婚後の生活について踏み込んで聞きなさい』とアドバイスを下さるので、私もそうしています。

また私も『始めから専業主婦(orパート勤務)希望の方は紹介しないで下さい』とは伝えています」

 また「ゆるく」婚活というのは、自分からは申し込みはしないが先方から申し込みがあれば会うというスタンスなので、そう表現したらしい。だが、トピ文にもあったように「そこまで結婚願望もないし、子供もいてもいなくても」という書き振りなどが反感を買ったのか、次第に「婚活をなめるな」というニュアンスの意見が増え始める。

「だったら婚活すんなよ、って俺は思うけどね。婚活を頑張っている相手に対して失礼だよ。

そういう願望もないから折衷案を見出そうとせず、自分の主張だけを押し付ける形になるのでしょうね。婚活の場で自分の譲れないものを話すのは絶対に必要なのは確かですよ。でもね、譲る・譲れない以前に結婚する気ないでしょ? 相手を打ち負かすのが楽しいんでしょ? 確かに男の言い分も変だけど、トピ主も同じ様に変だよ」

「通勤時間が2時間みたいな人とわざわざ会う理由はなんなんでしょう?

親に言われて仕方なくやってるだけで、別に結婚したいわけではないんですよね?

そんな遠くに住んでいる対象外の人と婚活で会わなきゃいいのに。親に何か言われたら自分の条件に合う人がいないって答えればいいだけだと思います。

本音はどうなんですか?」

「相手を窮地に追い込むのが楽しくてやってるようにしか見えないんだけど。夢しか見てないのはあなたもおんなじでしょ?」

「36歳年収600万

このスペックの、ここまで高飛車なのも珍しいね。

こんな女にこき使われるくらいなら、一人の方がマシだ、とみんな思うでしょうね。

結婚相手どころか、友達にもなりたくないわ」

 愚痴トピに熱いコメントが並ぶのも小町という熱い場所ならではだろう。だんだん殺伐としてきたが、トピ主も負けてはいない。

「そもそも自分がアラフィフなのに、今から結婚して子ども…ということは、

自分が定年の時に子どもは確実に未成年です。

自分は年収400万だけど、子どもは欲しいから共働きは必須…とは考えているのでしょうが、その共働きを実現するために何が必要かは考えたこともない。

そういったことを考えずに、ただ、『子どもが男の子だったらキャッチボールしたいんですよねー』的なことしか考えていないことに『夢しか見てないな』と思った次第です。

ただ、皆さんのご意見を拝読して、『そんなもの』だということがよく分かりました。

その『そんなもの』度が私が思っていた『そんなもの』よりだいぶレベルが低かったことに気付けていなかった時点で私も十分「夢を見ていた」んだと思います。(年収が低い分、共働きに対する家事育児の協力はする前提)」

 結局、婚活のための男性の紹介はもう断ることにするそうだ。うんうんそれがいい。結婚・出産により、何かしらの変化がもたらされることは間違いないため、その変化を楽しむとまではいかなくとも需要する柔軟性がないと、つらくなってしまうだけかもしれない。「恋愛を経ての結婚」であれば、意に沿わない変化があっても耐えられるのではないか、という意見があった。

「結婚も子育ても、するからには独身時代の利点をある程度は削る気でなきゃ無理なんです。

今まで通りに仕事できなくなるのも、家が遠くなって通勤時間が増えるのも、子供の都合で度々予期せぬ事態に対応しなくちゃいけないのも、面倒な親戚付き合いが増えて自分の好きな事に費やす時間やお金が減るのも、それでも構わない。

それでもこの人と一緒に暮らしたい、この人の子供を育てたいと思えるくらいでないと。

思うに婚活の場であっても、出会って惹かれ合って大恋愛しなくちゃそういう気になれないと」

 まあ、大恋愛からの結婚であっても、気が変わることは大いにあるが。

(ブログウォッチャー京子)

あわせて読みたい

wezzyの記事をもっと見る 2017年11月27日のライフスタイル記事
「婚活女性「罰ゲームのような条件を飲んでまで結婚はしたくない」 結婚の夢と現実」の みんなの反応 12
  • 匿名さん 通報

    実際問題、共働き必須で家事は妻メインというのは男だけ楽してる状況だよね? 1人にだけ全てを負担させるのはやめなきゃね。

    33
  • 匿名さん 通報

    このトピ主36歳女性が結婚できない理由がわかったよw

    32
  • レアと呼ばれた人 通報

    希少価値が高い人っていっぱいいるんだけど、そういう人に限って他人に興味を示さないんだよね。

    11
  • 匿名さん 通報

    こどもできたら,夫婦どちらもすべての条件を諦めてしごと半分ぐらいで残業無しにして年休できるだけ使って,低空飛行するつもりでないとやれないと思います。

    10
  • 匿名さん 通報

    ていうか必要ないよな

    9
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。