社会実験Exographの「私生活データまるごと売って月20万円」は安すぎやしないか

社会実験Exographの「私生活データまるごと売って月20万円」は安すぎやしないか
「Exograph」公式サイトより

 生活をおくる部屋に死角なく(トイレや脱衣所を含む)複数のカメラを設置し、私生活を撮影した動画データと引き換えに報酬を受け取る株式会社Plasmaの社会実験「Exograph」が始まろうとしている。実験は11月25日から1カ月間にわたり行われる予定で、現在、参加者を募集中だ。

 報酬は一カ月で20万円。この価格設定は「最低限、生活に困らない金額」だからだという。個人情報と生活資金を引き換える「Exograph」には、「貧困ビジネス」「人権無視」など批判的な指摘が相次いでいるが、13日放送の『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)ではこの話題を取り上げ、株式会社Plasmaの社長・遠野宏季氏が批判に反論した。

私生活データが「20万円」は妥当か?

 社会実験「Exograph」への応募者数は現在800人以上だというが、この放送でさらに応募が殺到するだろう。応募者の動機は「実験に興味があったから」「お金が必要だから」など様々。応募者の平均年収は300万円から400万円だそうだ。

 株式会社Plasmaはこの実験で生活行動のデータを収集。撮影した映像は、消費者行動データとして企業に売ることを目標としているという。遠野社長は、トイレの映像は排泄に要する時間や頻度から医療系の企業に、脱衣所は身だしなみを整えることから化粧品のメーカーなどが興味を持つだろうと予想しており、リビングの映像はテレビを見ている時の反応を観察することで、広告やテレビ番組の効果を確かめることができると語った。すでに5つの企業からデータ情報に関する問い合わせがきているそうだ。


wezzyの記事をもっと見る 2019年11月14日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。