彼女のことを大切に守ってくれる彼氏は、彼女の手足をもぎとる人だった

彼女のことを大切に守ってくれる彼氏は、彼女の手足をもぎとる人だった
「Getty Images」より

 今から10年ほど前の大学時代、韓国人の友達がいました。彼女は大学卒業後、就職のため韓国に戻ったのですが、しばらくして、「やっぱ、日本に戻ろうっかな」と言うようになりました。

 彼女はそのとき、「日本の方がまだ暮らしやすい。韓国は男尊女卑がひどい」と言っていたのですが、正直、私は韓国の文化についてはあまり理解できていませんでした。韓国の男尊女卑を知ることになったのは、それからしばらく経ったあと、韓国のフェミニズム本がたくさん日本でも発売されてからのことです。

 2018年~2019年は、日本で数々の韓国フェミニズム本が出版されました。とくに『私たちにはことばが必要だ フェミニストは黙らない』(イ・ミョンギ著 タバブックス)、『82年生まれのキム・ジヨン』(チョ・ナムジュ著 筑摩書房)は大きな話題を呼びました。

 これらの本を読んで、「韓国って、男尊女卑がひどいんだな。ありえない!」と、他人事に感じられたらよかったのですが、ほとんどの日本人女性は、「別の国の出来事だ」と片付けることはできなかったのではないかと思います。

 なぜなら、これらの書籍に書かれている女性蔑視、女性軽視を、リアルに体感できてしまう日本人女性は未だに少なくないと思うからです。

10年付き合った彼氏のモラハラに気づくまで

彼女のことを大切に守ってくれる彼氏は、彼女の手足をもぎとる人だった
『ヒョンナムオッパへ』(白水社)

 『ヒョンナムオッパへ』も、多くの日本人女性(とくに彼氏や夫、父親など関係が近い男性から「下に見られている」と少しでも感じたことがある女性)にとって共感するポイントの多い小説だと思います。


あわせて読みたい

wezzyの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月23日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。