養育費増額でも「もらえない」 協議離婚の落とし穴

 こうした現状を受け、兵庫県明石市では、不払いの養育費を立て替える新条例の準備を進めている。

 11月の検討会では、養育費不払いが確認されると、市が養育費を立て替えてひとり親家庭に支払い、支払い義務者に支払い命令を出して立て替え分を回収する方針が固められた。立て替え分が支払われなかった場合は「過料」を科すという。それでも従わなかった場合は、「氏名公表」も視野に入れているそうだ。

 なお、実は養育費の「強制執行」は現行制度でも可能だ。公正証書や調停調書などで養育費の取り決めがなされ、相手の勤務先や銀行口座が判明していれば、給与や口座を差し押さえることができる。

養育費の取り決めをしている離婚は半数以下

 明石市の取り組みや強制執行は、あくまでも養育費の取り決めがされているケースが対象だが、そもそも離婚時に養育費の取り決めをしていないというケースも多々ある。

 前掲「平成28年度全国ひとり親世帯等調査」によると、母子世帯で「養育費の取り決めをしている」のは母子世帯で42.9%と全体の半数以下で、父子世帯では20.8%にとどまる。養育費の不払いや、養育費の金額が見合っているかどうか以前に、養育費の取り決め自体が困難なケースの離婚がかなり多いということだろうか。

 離婚の方法は様々あるが、日本では協議離婚が圧倒的に多い。十分な話し合いとその後の養育に関する取り決めがなくとも、離婚届さえ提出すれば離婚が成立する。


あわせて読みたい

wezzyの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月25日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。