なぜ男性は、女性の「夫のHがイヤだった」を受け入れられないのか

なぜ男性は、女性の「夫のHがイヤだった」を受け入れられないのか
男性学研究者・田中俊之さん(奥)と、Mioさん(手前)


 『夫のHがイヤだった。』(亜紀書房)ーー衝撃的なタイトルと受け取られがちですが、これを最初に目にしたとき「よく聞く話だな」と思いました。

 筆者は女性の性体験やセックス観を取材することが多く、そのときに気持ちよくない、痛い、つらい、触れられるだけでイヤ……と打ち明ける女性はさほどめずらしくありません。

 この場合の最もシンプルな解決法は「セックスしない」です。それが理由で不仲、離婚へと発展することもありますが、セックスがないことでかえってライフパートナーとしてうまくいくこともあります。

 しかし同書の著者、Mioさんは痛い、つらい、したくないと夫にいっても伝わらず、「させてくれないと不機嫌になって当たり散らすぞ」という暗黙のプレッシャーをかけてくるため断ることもできませんでした。そんな毎日がMioさんの心身を蝕み、うつと摂食障害を患うことに……。

 これは「セックスがつらい妻の問題」ではなく「それを理解できない夫の問題」という側面が大きいのではないか?

 夫と離婚したあとは離婚業務に特化した行政書士、カウンセラとして活躍するMioさんと、男性学研究者である田中俊之さんとのクロストークにより、夫婦間のセックス、セックスレスに見る問題とその解決法を探ります。

なぜ男性は、女性の「夫のHがイヤだった」を受け入れられないのか

Mio
大阪府生まれ。大学で知り合った同級生の男性と二十二歳で結婚。夫との夫婦生活が苦痛で、自分はセックスができない身体なのではないかと悩み、摂食障害とうつ病に。その後セックスレスを理由に夫から離婚調停を申し立てられ別居を経て離婚。2017年の冬からアメブロに当時を振り返る手記を連載し、大きな話題を集める。現在は税理士・行政書士・カウンセラーとして、女性起業家のサポート・離婚業務を中心に活動している。


あわせて読みたい

wezzyの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月1日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。