バカ・ブス・貧乏な「普通の女子」が人生をサバイブする方法~つまり「普通の女子」が災難を逃れて朗らかに生きるには?

バカ・ブス・貧乏な「普通の女子」が人生をサバイブする方法~つまり「普通の女子」が災難を逃れて朗らかに生きるには?
「Getty Images」より

「普通の女子」向けサバイバル本

 『馬鹿ブス貧乏で生きるしかないあなたに愛をこめて書いたので読んでください。』(ベストセラーズ・藤森かよこ著)。これは著者・藤森さんいわく、この本は「自分みたいなバカ・ブス・貧乏な低スペック女子向けに書かれた本」だということです。

 でも藤森さんは福山市立大学名誉教授。大学教授なのに「バカ」?「貧乏」? じゃあ自分は一体なんなの? 反射的にそう思う女性もいらっしゃるかもしれませんが、本書のまえがきに書かれているバカ・ブス・貧乏とはこういうことです。

【バカ】
一を聞いて一を知るのが精一杯。学校の勉強もできなかったし、地頭がいいわけでもない。

【ブス】
顔やスタイルで食っていけない。繁華街を歩いていてスカウトされたことがない。

【貧乏】
賃金労働をしなければ食べていけないし、大不況や預金封鎖などの社会的経済的大変動があれば、すぐに食い詰める。

 どうでしょう? この定義であれば、当てはまる人は多いのではないでしょうか。もちろん私も当てはまります。とどのつまり、「特別な才能があるわけではない普通の女性」のことです。

 藤森さんは現在66歳。私の母親に近い年齢ですが、その自己紹介を読めば娘世代の読者も共感することは間違いありません。“名誉教授”という肩書から連想するバリキャリなイメージとは全然違います。いわく、根が怠惰なので一生懸命働きたいわけではないが、玉の輿に乗る器量はないし、かといって清貧にも忍耐にも興味がなく、自分の食い扶持は自分で稼ぐしかないからなんとか男女同一労働同一賃金の職種に滑り込んだ……ああ、志とか目標とか理想のワタシとか自分探しとか全部ここにはなくて、爽快です。


あわせて読みたい

wezzyの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月17日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。