新型コロナ感染拡大で小児科医からのお願い! あらためて考えてほしいワクチンのこと

新型コロナ感染拡大で小児科医からのお願い! あらためて考えてほしいワクチンのこと
「GettyImages」より

 前回、このコラムで新型コロナウイルス感染症(COVID-19)について書きました。掲載された3月11日の段階では、小児で重篤になる人は報告されていなかったのですが、その後ヨーロッパやアメリカで、若くても基礎疾患がなくても亡くなることがあるとわかりました。日本でも0歳児が集中治療室に入っていると報道されています※4月8日現在。よりいっそうの感染予防に注意が必要です。

 記録が残っているだけでも、ヒトはいつも感染症と戦ってきました。黒死病(ペスト)はくり返し流行していて、14世紀には最大で2億人が死亡したといわれています。実は21世紀の現代でもペストは現役の感染症ですが、効果のある抗菌薬(抗生剤)があるため、以前ほど恐れられていません。

 スペイン風邪と呼ばれたインフルエンザでは、1918~1920年のたった2年間で、当時の全世界の人口の約3割である5~6億人が感染し、2000~4500万人が亡くなったといわれています。インフルエンザには型がありますが、その際に流行したのはH1N1であったとわかっています。2009年にスペイン風邪と起源を同じくするインフルエンザH1N1がパンデミックを起こしたものの、昔ほどの病原性はありませんでした。

根拠なき情報に振り回されないで

 天然痘(痘そう)も2千年以上前から長いことヒトを苦しめてきました。1663年に人口4万人のネイティブアメリカンに天然痘が持ち込まれ、数百人しか残らなかったという記録があります。日本でも明治年間に、2~7万人の天然痘感染者が出て5000~2万人が亡くなったという流行の記録があります。しかし、ワクチンができたため感染者が減り1980年にWHOが世界根絶宣言を行いました。


あわせて読みたい

wezzyの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年4月9日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。